ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハロプロがYouTubeで大サービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

YouTubeなどの無料動画サイトをプロモーションに活用するアーティストは少なくないが、なかでも積極的に取り組んでいるのが、モーニング娘。やBerryz工房が所属する女性アイドル集団・ハロー!プロジェクトだ。

【画像や図表を見る】

ハロプロでは、各ユニットがYouTubeの公式チャンネルを開設し、様々な動画を公開しているが、特筆すべきはミュージックビデオだ。今年4月にリリースされたモーニング娘。の両A面シングル『ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない』以降にリリースされたすべて楽曲について、日本語と英語の歌詞字幕がつけられ、さらにフルHDの高画質バージョンで公開しているのだ。

フルHDということは、デジタル放送のハイビジョンと同じ画質で、市販されているDVDよりも高画質。アイドルのシングルCDの初回盤には、ミュージックビデオが収録されたDVDが付録となるケースが多いが、それよりも高画質な動画をYouTubeで無料で見られるというわけだ。

このサービスに、ハロプロファンは大喜び。『ブレインストーミング』のミュージックビデオが公開された3月30日には、2ちゃんねるのモーニング娘。板(狼)に「ブレストMVきたぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」というスレッドが立ち、

「しかも高画質っ!!!!!
モーニング娘。攻めてるっ!!!!!!」
「画質が良すぎて感動している」
「40インチのフルHDのTVで見ると
圧倒的な高画質に感動するな
いつものボケボケの低画質と違ってメンバーの表情まで細かくわかるのがスゴイ」

などと、大絶賛の書き込みが続いた。

また、英語字幕をつけたことで、海外のハロプロファンからの反応も増加している模様。 たとえば、スマイレージ『ヤッタルチャン』のミュージックビデオのコメント欄を見ると、日本語だけでなく英語のコメントも多数寄せられており、なかには「and spanish subtitles, when?」(訳:スペイン語の字幕はいつですか?)と、スペイン語圏のファンからの要望と思われる投稿もあった。

また、今年の2月には、ハロー!プロジェクトの最新情報を発信するYouTubeオリジナルの番組『ハロ!ステ』を毎週水曜日に配信しており、こちらもやはりフルHD。当初は30分程度だったが、徐々に内容も濃く、時間も長くなり、配信開始から4カ月経った第20回では、1時間を超える長編動画となっている。

モーニング娘。が2作連続でオリコンシングルランキング1位を獲得したほか、Berryz工房と℃-uteがそれぞれ単独での日本武道館公演を決定するなど、勢いが感じられるハロー!プロジェクトのアイドルたち。YouTubeでのサービス満点なプロモーションも、後押ししているのかもしれない。
(R25編集部)

ハロプロがYouTubeで大サービスはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
道重さゆみ、引きこもりを救う?
“憧れの人”熊井ちゃんが指原祝福
吉野家で人気の「さゆ丼」って何?
“ももち”ブログで「狼住人」疑惑
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP