ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

WOWOWに注目の海外ドラマが登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本でも数々のヒット作を生み出してきた海外ドラマは、クセのある個性豊かなキャラクターと、練りに練られた予想のつかないストーリー展開が人気の原動力。一度観始めたら最後、続きが気になって気になって…と中毒症状に侵された経験のある人も多いのでは? この夏、そんな海外ドラマ界からまた一本、大ヒットを予感させる注目作が上陸した。その名は『ザ・フォロイング』!

【画像や図表を見る】

もしも凶悪犯が、カルトの教祖のように信奉者=フォロワーたちを洗脳し、彼らを手足のように扱って凶行に駆り立てることができたら…。しかも信奉者たちは、一般市民の中に混じって生活し、ひそかに全米各地に増殖していたら…!?  本作は、14人を惨殺しながら、脅威のカリスマ性で多数の信奉者を抱える殺人鬼と、かつて彼を追い詰めるも、大けがを負わされてFBIを辞職した元捜査官が、再び相まみえ、死闘を繰り広げるノンストップ・サイコサスペンス。主人公の元FBI捜査官は、脱獄した殺人鬼を追うと同時に、正体の見えない信奉者たちのネットワークに狙われるという設定が、作品全体に目の離せない緊張感を生み出している。

主役を演じるのは、米国映画界のトップスター、ケヴィン・ベーコン。『フットルース』でのブレイク以来、『アポロ13』や『ミスティックリバー』、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』など、あらゆるジャンルの話題作に次々と顔を出し、個性的な脇役や悪役を精力的に演じ続けてきた実力派だ。その出演本数は、現在までに相当な数にのぼり、ハリウッドでは、映画俳優同士の共演図を、彼との共演関係を起点にした「ケヴィン・ベーコン指数」で表すことがあるほど。そんなケヴィン・ベーコンのTVドラマ初主演となる本作では、これまであまり見ることができなかった彼のヒーロー役も話題になっている。

誰が味方で、誰が敵なのかわからない予測不能の脚本と、新境地を切り開いた実力派俳優が演じる魅力的なキャラクター。海外ドラマに欠かせない二大要素をおさえた『ザ・フォロイング』は、第1話の視聴者数が2043万人を記録するなど、本国では早くも大ヒット。すでに第2シーズンへの継続も決まっているのだとか! 日本での放送は、7月9日(火)からWOWOWでスタート。今回は特別に、6月24日(月)から7月7日(日)までGyaO!で第1話を無料配信! ぜひその目でチェックしてみてほしい!
(R25編集部)

WOWOWに注目の海外ドラマが登場!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP