ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どこまで本気? マジメ男&ナンパ男を見極める5つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


最近、ちょっとしたきっかけで親しくなった彼
このまま関係を一気に深めたい気もするけれど、本気なのか? 遊びなのか? わからなくて不安というあなた。
これから、ナンパな男子がよく使うテクニックを参考にして、その見極めポイントを5つご紹介します。

1. テンション・リダクション 

マーケティング用語のひとつで、心の隙をつくという意味。緊張のピークが過ぎたとき、人の心にはふっと隙が生まれます。
たとえば、大事な会議やプロジェクトが無事に終わったあと、試験や受験の合格がわかった後など、こんなときに近づいてきた男子は本気ではない可能性が。

2. バーナム効果

占いなどで使われるテクニック。「悩みあるんじゃない? 人間関係かな? ○○ちゃんって、人に気をつかうタイプだもんね」と、誰にでもあてはまりそうなことを言って、いかにもあなたのことをさもよくわかっているかのようにアピールしてくる男性は、遊び人の確率が高い

3. ドア・イン・ザ・フェイステクニック

よくセールスマンが使う方法。まず「○○を買ってもらえませんか?」と難しめのお願いをして断られたら、「ならせめてパンフレットだけでももらってください」とよりハードルの低いお願いをして、ドアを開けさせ、結局は買わせてしまうというテクニック。
男女の場合なら、いきなり「つきあって」と迫り、あなたが断ると、「じゃあ、せめて友達から」というような感じで接近してくる男子。いませんか?

4. アクティブリスニング

これはビジネスシーンではよく使われる手法。要は、相手の話をよく聞くというテクニックです。
やたら聞き上手で、気づいたら元彼のこととか、自分の秘密とか、とんでもないことまで話していた…。そんな彼にも気をつけて。
単なる聞き上手ということもあるけれど、そこにお酒やスキンシップが絡んでくる場合は、男性側の策略の可能性が高め。

5. 暗闇効果

夕方は交通事故が多い時間帯と言われていますが、それは判断力が急激に低下する時刻だから。そして暗闇にはフェロモンやラブエナジーをかきたてる効果があります。
つまり疲れて判断力が低下しているときに、暗い場所に誘い出すというのは危険サイン
デートに誘ってくるのは決まって夜。照明の暗い店を出会って早々指定してくるというのも、下心がある証拠。深入りしたくない相手の場合は、ハッキリと断ったほうが賢明ですよ。
いかがでしたか? これらのうち、3つ以上のテクニックを使ってきた男子は遊びの可能性大
あなたの不安は当たっている恐れが高いので、上手にフェードアウトをしてくださいね。
young woman image via Shutterstock
御子柴清麿のクラブ放浪記恋愛テクニック大全
(ラブ&開運ウォッチャー/黒沢るか)



(グリッティ)記事関連リンク
「失恋したら髪を切る」は正しい! 立ち直るためのガーリー風水テクニック
ゴマブッ子の毒舌がクセになる!? SNSの残念女子を川柳にすると…
彼としっくりこない…「別れるべき倦怠期」と「乗り越えるべき倦怠期」の違い

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP