ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

排斥デモ参加者 自分は被害者で失われた権利回復活動と主張

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京の街中で起こっている許されざる事態についてともに考えていただくため、あえて、彼らの言動そのままを記すこととする。

「朝鮮人は寄生虫、娼婦、変態です! 早く死んでくれたまえ!」
「いつまで日本に居続けるつもりだよ? ここで大虐殺始めてやろうか?」
「皆さん、朝鮮人の女を見つけたらレイプしていいんですよ!」

 それらは6月16日、東京・新大久保で行なわれた在日韓国人・朝鮮人の排斥デモで叫ばれた罵詈雑言の数々である。

 聞くに堪えないこれらの人種、民族差別的な発言は「ヘイトスピーチ(憎悪発言)」と呼ばれる。まさか公衆の面前でそんな言葉を吐く大人がいるとは信じられない読者も多いことだろう。だが現実に、新大久保以外にも、大阪・鶴橋といった全国各地のコリアンタウンで毎週末のように叫ばれているのである。

 この日、集まったデモ隊は男女合わせて200人ほど。半分以上は20~30代の男性だが、女性も少なくない。20代のOL風や、ベビーカーを押しながら叫ぶ30代の母親らしき女性もいた。

 手には日の丸や旭日旗、そして〈良い韓国人も悪い韓国人もどちらも殺せ〉、〈朝鮮人ハ皆殺シ〉などと書かれたプラカードを掲げ、拡声器越しに叫びながら練り歩く。

「朝鮮野郎はなぶり殺してやるから出てこい!」
「在日韓国人は社会のゴミ、病原菌! 今すぐ抹殺しなければならない」
「ゴミはゴミ箱へ。朝鮮人は朝鮮半島へ」

 時間が経つにつれて叫び声は大きくなり、拡声器は「キーン」とハウリングを繰り返す。中には金切り声でロック歌手よろしく絶叫する者もいた。その声量とともに、ヘイトスピーチの中身も次第にエスカレートしていく。

「(韓国料理店に向かって)オラッ! 勝手に日本で商売してんじゃねえよ! キムチくせえんだよォ! ぶち殺してやるぞォ!」
「朝鮮人はウンコでも食ってろっての!」
「ゴキブリ、ウジ虫、朝鮮人! お前らを一匹残らず叩き潰す」

 その表情は興奮に満ちていた──。彼らの行動原理は、彼らの弁でいえば“愛国心”。「行動する保守」を自称し、インターネットで仲間を集めてデモを起こすためにネット右翼、略して「ネトウヨ」と呼ばれている。

 どういった素性の人たちなのか。『ネットと愛国』(講談社刊)などの著書があり、ネトウヨについて詳しいジャーナリストの安田浩一氏がいう。

「当初は貧しくて仕事がない若者が中心でしたが、最近では普通のサラリーマンや公務員、主婦、中学生から高齢者までと幅広い層が参加しているようです。彼らはみな自分たちは“被害者”だという共通認識を持っています。

 在日朝鮮人には様々な特権があり、行政や言論機関は彼らに牛耳られており、今の日本は在日に支配されているといった情報をインターネット上で入手して、それが真実だと思い込んでいる。その“奪われた権利”を取り戻すために正義の活動をしていると信じているのです」

 ネトウヨには自分たちが差別しているという意識はない。むしろ“自分たちが差別されている”と思い込んでいるのだという。

 その意識は団体の名前からも読み取れる。16日の新大久保デモの主催は『新社会運動』なる団体。他にも最大規模の約1万3000人のメンバーを持つ『在特会(在日特権を許さない市民の会)』や『日侵会(日本侵略を許さない国民の会)』などがある。

※週刊ポスト2013年7月5日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
拉致命じられ日本に潜入した韓国秘密工作隊の悲劇を描いた本
マスコミが在日に支配されていると信じるネット右翼を知る書
続く「嫌韓デモ」 国会で排外・人種侮蔑デモ抗議集会開催

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP