ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

システナ、モバイルOS「Tizen」を搭載した10.1インチWUXGAタブレットの開発を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


システナは6月24日、第3のモバイルOSとして注目を集めている“Tizen(タイゼン)”を搭載した10.1インチタブレットを開発したと発表しました。具体的な名称や発売時期・価格などは公表されていませんが、このようにプレスリリースでTizen製品が発表されるのは、国内では今回が初となります。

“Tizen”はLinuxベースのオープンソースのモバイル向けOS。HTML5アプリとネイティブアプリの両方の実行をサポートしており、日本ではNTTドコモがTIZENを搭載したスマートフォンを年内にも発売する予定です。今回発表された10.1インチタブレットは、現在はTizen 2.0を搭載していますが、今後、Tizen 2.1へのアップデートが予定されています。

公開されたスペックは、10.1インチ1920×1200ピクセル(WUXGA)の液晶ディスプレー、Cortex-A9ベースの1.4GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、32GB ROM、背面に200万画素カメラ、前面に30万画素カメラを搭載し、ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/nに対応すること。このTizenタブレットは10月23~25日の間、千葉・幕張メッセで開催される『第3回スマートフォン&モバイルEXPO秋』に出展され、正式に発表される予定です。
Source : システナ(PDF)



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」「Galaxy S IIIα SC-03E」「REGZA Phone T-01C」のソフトウェアアップデートを開始
NTTドコモ、「ハーティ割引」の対象者を2013年7月3日に拡大、「特定疾患医療受給者証」「特定疾患登録者証」の交付を受けた方も申込可能に
キングソフト、PCブラウザ用管理画面も備えたAndroid向けファイル管理アプリ「KINGSOFTファイル管理マスター」をリリース

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP