ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「タクシードライバー」への道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「リストラされたらタクシードライバーに…」などと考えたことがある人もいるのでは?自分のペースで働けるのはうらやましいが、誰でもすぐになれるわけではないはず。実際目指すには、何が必要なのか? 東京最大手のタクシー会社・日本交通に聞いた。

【大きな図表や画像をもっと見る】

「まず必要なのが、旅客を乗せて運転できる資格が得られる2種免許。さらに東京で働く場合は、地理試験に合格することが条件。交差点名など、都内に住んでいてもなかなかわからないような、細かいところまで出題されます」

平成24年度の合格率は2種免許が36.0%、地理試験が51.5%。ちなみに地理試験は、東京のほか、横浜・大阪で働く場合も必要で、ココで苦しむ人も多いとか。

じゃあ、難しい試験を突破した分、収入を期待してもいい?

「細かい形態は会社で違いますが、タクシー業界は歩合制。労働時間・走行距離・エリアと、いろんな制約があるなかで、いかに収入を上げるかが、この仕事の醍醐味でしょう。例えば金曜19時なら、お客様がいるのは繁華街ではなく、これから飲みに行く人がいるオフィス街。人の流れを読み、情報を集めることが何よりも大切です。運にも見えますが、そうした努力で収入に万単位の差が出ますよ」

ドライバーごとに独自のノウハウがあり、人には絶対に教えないらしい。経験がモノをいう奥深い世界なのだ。

その他のドライバー職のひとつにトラック運転手がある。物流産業新聞社の担当者はこう話す。

「車両総重量11t以上の車を運転できる大型免許なら、収入は30万~45万円。8t未満の限定中型免許、5t未満の普通免許は25万~35万円くらい。大型はドライバーの憧れ、ステータスでしょうね」

大型トラックもタクシーも、免許が必要だが、運転が好きなら苦にはならないはず。万が一に備えて、免許取得を目指すのもアリかも?
(廣野順子/Office Ti+)
(R25編集部)

「タクシードライバー」への道はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「地下鉄24時間化」で景気回復?
電車はなぜ24時間運行にしない?
トレーラーハウス暮らし実現可能?
「変わり種」大学サークルに夢中
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP