ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お部屋の簡単“衣替え”テク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

爽快な夏はすぐそこなのに、なんだか気分がのらない…と部屋を見回したら、冬からインテリアを変えていないことに気がついた。もしかして、落ちた気分は部屋のせい!? とはいえ、模様替えしようにもお金も時間もないから、諦めちゃうんだよなぁ。

【大きな図表や画像をもっと見る】

「確かに、新しい家具を買ったり、配置を変えたりするのは大変です。でも、一番広い面積を占めている『布』をアレンジするだけで、部屋の雰囲気は変えられるんです」

そう教えてくれたのは、インテリアスタイリストの窪川勝哉さん。「布」って具体的にはどこ?

「カーテンやベッドのシーツ、ラグなどです。ここを変えるだけで、家具や配置は変えていないのに、部屋が違って見えます。ベースのインテリアをシンプルなデザインのものでそろえておけば、その効果は一層引き立ちますよ」

個性的な家具だと難しいの?

「家具がシンプルな方が、カーテンなどで変化をつけやすくなるんですよね。そのため、気に入らなかったら布を変えることですぐに模様替えできるので、失敗してもカバーしやすいんです」

なるほど。でも、シーツやラグと比べて、カーテンって長さを測ったりオーダーしたり、新しく買うには少しハードルが高いかも。

「布やカーテンクリップさえあれば、自分で簡単に作れるんですよ。まず、窓幅の1.2~1.5倍の長さの布を用意します。上下を2cmほど折り返して布用ボンドで貼り、カーテンクリップをつけてレールに掛ければ完成。カーテンは窓から入る外気を通すフィルターになるので、使い古したものだと空気の通りが悪くなってしまいます。一年中かけっぱなしにせず、春夏と秋冬、年2回は変えるといいですね」

その方法なら、すぐに作れそう! ちなみに、これからの季節にぴったりの素材や色は?

「素材はコットンやリネンなど涼しげな印象を与えるもの、色はブルーやグリーン、イエローなど爽やかなものがおすすめです」

早速、夏らしい雰囲気の布を探しに行こう。
(有竹亮介/verb)
(R25編集部)

お部屋の簡単“衣替え”テクはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
おしゃれにエコなシーリングファン
オシャレで楽ちんな部屋着コーデ
ワンルームを広く使う逆転発想!
家事代行サービス 1回いくら?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP