ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AOL、Googleリーダー代替のRSSリーダーサービス「AOL Reader」を提供へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AOLが米国時間6月24日(月)に独自のRSSリーダーサービス「AOL Reader」の一般提供を開始すると発表しました。「AOL Reader」は、7月1日にサービス終了を迎えるGoogleリーダーの代替となり得るRSSリーダーサービス。”お気に入りのWEBサイトを1箇所に集約できる”サービスとされており、AOLアカウントをはじめ、Titter、Facebook、Googleのアカウントで利用することができます。「AOL Reader」は、WEBブラウザはもちろん、AndroidとiOS向けにネイティブアプリが提供される予定です。RSSフィードは「AOL Reader」内で追加/削除可能ですが、標準的なOPMLフォーマットのエクスポートデータを使って他のサービスから瞬時に乗換えることも可能。RSSフィードのタグ管理や記事へのスター付け、他サービスを利用した記事の共有なども可能とされています。サービス開始後は、「Feedly Cloud」のようにサードパーティアプリからのフィードデータの利用を可能にするAPIの提供、RSSフィードの更新通知機能の提供なども予定されています。Source : AOL ReaderEngadget



(juggly.cn)記事関連リンク
オーストラリアのTelstraはXperia ZのAndroid 4.2.2アップデートを7月中旬に実施予定
ロシアのブロガーが、”Snapdragon 800プロセッサを搭載したXperia Zのアップデート版を試している、すごく速い:)”とツイート
Googleがインド国内でAndroid専門店のオープンさせる計画との報道

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP