ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S III用の公式Android 4.2.2ファームウェア(I9300XXUFME7)が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グローバル向けGalaxy S III(GT-I9300)用に開発されているAndroid 4.2.2の公式ファームウェアがSamMobileで公開されました。今回のファームウェアは流出したプレリリース版で、最終リリース版ではないとのことです。ファームウェアのPDAビルド「I9300XXUFME7」はAndroid 4.2.2(JDQ39)をベースにしたもので、情報によれば、このファームウェアでは、Galaxy S IIIの外観はGalaxy S 4に近づき、Galaxy S 4から取り込んだ機能もいくつか見られます。ホーム画面やロック画面、タブ表示となった設定メニューはGalaxy S 4そっくり。ロック画面の新しい解除方法「陽光エフェクト」が追加されています。設定メニューの「ディスプレイ」には、「Adapt Display」オプションやコントラストを調節する「画面モード」に「プロフェッショナルフォト」オプションが追加。Android 4.2の新機能となる「スクリーンセーバー」も実装されています。「マイデバイス」タブには、音声で端末を操作できる「ボイスコントロール」オプションも追加されており、カメラのボイスシャッターのON/OFFなどがこの中で切替えられるようになっています。通知パネルのデザインも一新。上部のトグルスイッチはGalaxy S 4と同じく展開可能になったほか、「ドライブモード」などの新しいスイッチも追加されています。このほか、ギャラリーアプリの背景色が白に変更。「Samsung Apps」アプリもアップデートされてフルスクリーン表示になりました。後は、音声アシスタントアプリの「Sボイス」も新バージョンにアップデートされています。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
中国 优美(UMEOX)が厚さ5.6mmの世界最薄スマートフォン「UMEOX X5」を正式発表
Samsung、有料アプリ20種類を割引価格で販売する第1回サマーセールをSamsung Apps内で実施中
Androidのリカバリイメージを簡単操作でClockworkModリカバリかTWRPに書き換えられるAndroidアプリ「Recovery Tools」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP