ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中古「どうぶつの森」購入で鬱展開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中古ゲームを買ったら、前所有者のデータが残っていた──そんな経験をしたあるツイッターユーザーが、経緯をツイッターで報告。切なすぎる展開に、ツイッターユーザーから同情の声が集まっている。

【画像や図表を見る】

6月16日、そのツイッターユーザーは、Nintendo3DSのシミュレーションゲーム『とびだせ!どうぶつの森』を購入した。このゲームは、“どうぶつの森”に住んで、村の中を散策したり、住民と触れ合ったりするほのぼの系のシミュレーション。しかし、ゲームを始めようとすると、以前のデータが消去されていなかったために、

「そういえば、すごくお久しぶりですよね! 村長がいない間、わたし いろいろと がんばってたんですから!」

と、前所有者がプレイしていることを想定したメッセージを、かわいらしいキャラクターがつぶやく。さらに、データを消去しようとすると、

「今 村で暮らしている住民のみなさんも…何もかもが きれいサッパリ消えて なくなっちゃうんですよ~?!」

と、キャラが号泣。結局そのユーザーは、後ろめたさを感じつつデータを消したのだが、データを消すまでの経緯を綴ったツイートが、ツイッターまとめサイト「Togetter」でまとめられ、

「うわあああああ…これはつらい……」
「後始末はちゃんとしようよ」
「切なすぎる・・・」

と、6月19日20時時点でPVが24万件以上、ツイート数が3600件以上に達する人気のまとめとなっている。

ゲームを売る時にデータを消去するかどうかは、ネット住民の間でしばしば話題となっており、2ちゃんねるのニュー速VIP板に立てられたスレッド「中古ゲームでデータ消さない奴なんなの?」では、

「気持ち悪くね?そういうの」
「普通はデータ消して売るだろ」
「見るとネタバレになるから最初に消すわ」

という声がある一方で、

「むしろ消す奴が許せない」
「前の持ち主のデータ見るのが中古ゲームの醍醐味だろ!」

と、意見は割れている。ただし、今回『どうぶつの森』を買ったユーザーは、データを消した心境を「何故だろう、なんだか胸がとっても痛いんだ」とつぶやいており、少なくともこのゲームに関しては、データを消去して売却した方が、未来のユーザーにとって優しいようだ。
(R25編集部)

中古「どうぶつの森」購入で鬱展開はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
本田翼「アウトドアに挑戦したい」
任天堂のDLC販売に議論勃発
モンハン4が3DS登場で「任天堂本気すぎる」
あざとすぎ?声優登場ゲームの広告
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP