ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み屋街で目立つ「地鶏」「黒豚」看板 本物は非常に少ない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先日、東京ディズニーリゾートで食品の「誤表記」があったことが発覚した。「車海老の炒めもの」にブラックタイガー、「地鶏の串焼き」に国産鶏を使っていた。さすがに問題になったが、実は似たような手法は普通に行なわれている。

 飲み屋街を歩くと、「地鶏」だの「黒豚」だのというメニュー看板がやたら目に留まる。だが“本物”は非常に少ない。「地鶏」には農水省が指定する細かい規格がある。

〈明治時代に日本にその種が存在し、その血統を50%以上引き継ぐ鶏で、飼育期間が80日以上、生後28日以降は、平飼いで1平米当たり10羽以下の飼育環境で育てられた鶏〉

 この条件に合った地鶏は、比内地鶏、薩摩地鶏、名古屋コーチンなどをはじめとして、主だったもので約60種類ほど。しかし鶏肉の消費量全体で見れば、実に1%程度しかない。食品問題に詳しいジャーナリスト・郡司和夫氏の話。

「本物の地鶏は生産コストが高いため、ほとんどが専門店や高級料亭に納まり、大衆居酒屋に流れることはまずありません。地鶏だと思って食べているものでも、本当は“銘柄鶏”という可能性がある。ブロイラーと地鶏の中間種で、地鶏とは別物です。酷いところではブロイラーを地鶏と謳っているところがあると聞きます」

 しかし罰則規定があるわけではないため、ほぼ無法地帯と化している。味付けや提供方法次第では、その差を感じるのも難しい。

「黒豚」も同様だ。黒豚と呼べるのは、英国原産のバークシャー種同士の交配から生まれた純粋種だけ。本物の黒豚は、流通量全体の数%に過ぎない。しかし、「豚肉はカットされると、プロでも見分けがつかなくなる」(郡司氏)

※週刊ポスト2013年6月28日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
くいしん坊・松岡修造が本気でほれた神田のつけめん
海原雄山の「牛肉なら未経産のメスがうまい」発言に同意の声
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP