ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【バンコクレポート】タイにメイドカフェが上陸!オープン2ヶ月で連日大盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京・秋葉原発祥のメイドカフェ「めいどりーみん」の海外1号店となるバンコクの「ゲートウェイ・エカマイ店」がオープンして2ヶ月。

【関連:「萌えロリータファッションの描き方」実用書が発売】

タイで初めてとなる本格的なサブカルチャー・カフェ。顧客の9割がタイ人の若者だといい、連日、盛況が続いている。

「めいどりーみん ゲートウェイ・エカマイ店」があるのは、バンコク・スクンビット通り、高架鉄道BTS(スカイトレイン)エカマイ駅に直結する商業モール「ゲートウェイ・エカマイ」。「JAPAN TOWN」と名付けられたミドル階の一角にある。6月某日の日曜日、人気の店を訪ねた。

「いらっしゃいませー!」とメイドの可愛らしい声が響く中、午前11時にオープンした同店。待ち構えていたタイ人客が次々に店内へ。一般席24席、2階VIP席の10席は瞬く間に満席となった。大半が10代から20代前半と思われる若者。


注文の一番人気は、日本の店舗でもお馴染みの「カリーオムライス」で250バーツ(約800円)。スープ状のカレールーの真ん中に浮かんだオムライスに、メイドがケチャップで猫などの絵を描いてくれる。そして、おまじない。「美味しくなあれ!」

ドリンクで人気なのが、客席まで来て、目の前でメイドがシェイクしてくれる「カクテル」。ノンアルコールのものもあり、お酒が飲めない人や苦手な人も楽しむことができる。リクエストにも応えてくれる。

追加オーダーをする際は、丸めた両手を頭の両側に持っていき、「ニャンニャン!」と猫さんポーズをしないと受け付けてくれない。初めは恥ずかしがる人もいるが、いつしか場のムードにも馴染み、思わず、ニャンニャン!

在籍するメイドは約20人。3分の1ほどが日本語も話せるという。

入国料(入場料)は1人1時間50バーツ(約150円)。ドリンク・フード代は別。アルコールもある。営業時間は午前11時から夜10時まで。年中無休。問い合わせは、02-108-9466(タイ)へ。


■文:海外情報員(バンコク) Kobori 氏
■一部写真:(c)めいどりーみん ゲートウェイ・エカマイ店提供
■記事提供協力:asianbeat / http://asianbeat.com/ja/

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP