ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleリーダークライアント「gReader」が「Feedly Cloud」に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleリーダークライアントとして人気のAndroid版「gReader」がv3.3.1にアップデートされ、RSSフィードデータの取得先として、昨日発表されたFeedlyのRSSプラットフォーム「Feedly Cloud」に対応しました。gReaderは、元々Googleリーダー専用のサードパーティRSSリーダーとして提供されていたアプリ。スワイプ操作でフィードと記事一覧を切り替えられる操作性の良さと、テキストの音声読み上げ機能や記事のオフライン保存機能などのGoogleリーダーにはない便利機能で人気を得ていましたが、Googleリーダーが7月1日にサービス終了を迎えるということで、終了予告が出た当初は、その存続が危ぶまれていました。今回のアップデートで「Feedly Cloud」に対応したことにより、RSSフィードデータの取得先は変更になるものの、Googleリーダーのサービス狩猟後も従来と同じように利用することができます。RSSフィードデータの取得先を「Feedly Cloud」に切り替える際は、一度、Googleからログアウトし、「Feedly Cloud service」ボタンを押してログインし直します。操作方法は「Feedly Cloud service」をタップし、Feedlyの緑の画面でGoogleアカウントを使ってログインします。gReader」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Vine」がv1.1.0にアップデート、ユーザーとハッシュタグの検索機能、Facebookへの投稿機能、キャッシュクリア機能が追加
Galaxy S III用の公式Android 4.2.2ファームウェア(I9300XXUFME7)が流出
Sony Mobile、サードパーティアプリから通知ランプ/フローティングプリズムのイルミネーションを制御できるようにする実験API「Illumination bar API」を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP