ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国Meizu、「Meizu MX2」のホワイトバージョンを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国MeizuのAndroidスマートフォン「Meizu MX2」のホワイトバージョンの実機がロシアで発見されました。Meizu MX2は、4.4インチ1,280×800ピクセルの液晶ディスプレイ、Exynos 4412 1.6GHzクアッドコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン。Meizuの現行最新モデルになります。Meizu MX2は今のところ前面がブラックで、背面がホワイトのパンダ配色のカラーしか販売されていませんが、写真で公開されたホワイトバージョンは前後共に白を基調としたカラーリングが採用されています。写真を公開したロシアのMobilTelefon.ruによると、このカラーはロシアで来週発表される見込みとのことです。また、Meizuが次期フラッグシップと噂される「Meizu MX3」用に開発している新バージョンのFlyme OS「Flyme OS v3.0」も年内に提供される見込みと伝えています。Source : MobilTelefon.ru



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、サードパーティアプリから通知ランプ/フローティングプリズムのイルミネーションを制御できるようにする実験API「Illumination bar API」を公開
Xperia ZLがAndroid 4.2.2へのアップデートでPS3用ゲームコントローラー「DUALSHOCK3」に対応、セットアップ手順や使い方を紹介
東芝、REGZA Tablet AT703/AT503に「ワイヤレスTV設定」アプリを提供を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP