ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Android 4.2.2 / Windws 8デュアルOSのコンバーチブルPC「ATIV Q」を発表、13.3インチ3,200×1,800ディスプレイを搭載、Sペンも利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは6月20日、英国・ロンドンで開催した「Premiere 2013」イベントにおいて、Android 4.2.2とWindows 8を搭載したコンバーチブルPC「ATIV Q」を発表しました。「ATIV Q」はSamsungのWindows搭載製品”ATIV”シリーズの新製品ですが、Windows 8に加えて、Android 4.2.2(Jelly Bean)もインストールしたデュアルOS仕様の製品。OSはボタン操作で切り替えることができるほか、Windows上でAndroidアプリを起動することも可能。Windowsのスタート画面からAndroidアプリを起動できると言われています。AndroidはGoogle Play対応です。「ATIV Q」のディスプレイとキーボードは独特な動きをするヒンジで繋がっており、ヒンジの使い方によって、タブレット、ノートPC、スタンド、ディスプレイを浮かせて使用することができます。また、筆圧スタイラス「Sペン」に対応しており、Galaxy Noteのように手書きで文字や絵を描くこともできます。ATIV Qのディスプレイは13.3インチの液晶なのですが、解像度はフルHDの場合と比較して2.8倍高い3,200×1,800ピクセル(QHD+)。画素密度は275ppiになります。画像や動画はの表示はかなり鮮明なのではないでしょうか。プロセッサは第4世代Intel Core i5 “Haswell”を搭載。グラフィックスはIntel HD Graphics 4400。RAM容量は4GB DDR3L、内蔵ストレージの容量は128GB(SSD)、Micro SDカードも利用可能です。カメラは前面に720p CMOSを搭載。バッテリー容量は不明ですが、バッテリー駆動時間は最大9時間とされています。外部端子類はUSB3.0×1、USB2.0×1、HDMI出力端子×2、ヘッドホン/マイクのコンボジャック、Micro SDカードスロット。本体サイズは327.0mm×217.8mm×13.9mm、質量は1.29kg。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
「花のアンドロイド学園」の単行本が6月27日に発売
ドコモオンラインショップでメール便での配送サービスが開始
Google Playギフトカードがフランスとドイツでも発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP