ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Android 4.2.2を搭載したレンズ交換型デジタル一眼カメラ『Galaxy NX』を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Samsungは6月20日、英国・ロンドンで開催した『Premiere 2013』イベントにおいて、Androidを搭載したレンズ交換型デジタル一眼カメラ『Galaxy NX』を発表しました。

『Galaxy NX』は、Samsungのミラーレスカメラ“NX”シリーズのハイエンドモデルに位置する新製品。Androidを搭載したことで名前に“Galaxy”が付いています。今回のAndroidデジカメはAPS-Cサイズの撮像素子を備え、レンズを既存のNXシリーズ用のものに交換できるなど、デジタルカメラとしてはかなり本格的な仕様となっています。また、通信機能では、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0に加えて、2G/3G/LTEにも対応しており、外出先で写真や動画をSNSに共有することを単体で行うことができます。Androidアプリで写真を編集したりすることもできるでしょう。デジタル一眼の性能・画質+Androidスマートフォンの使い勝手が組み合わさった製品です。


ディスプレーは4.8インチ1280×720ピクセルのマルチタッチ液晶で、その上にはSVGA解像度の電子ビューファインダーが組み込まれています。本体上部にはポップアップ式のフラッシュを搭載。プロセッサは1.6GHzのクアッドコア、RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB、microSDカード(最大64GB)も利用可能です。バッテリーは4360mAh。本体サイズは136.5mmx101.2mm×25.7mm、質量は495g(バッテリー搭載時)。

カメラ仕様について。リアカメラは2030万画素のAPS-C CMOSを搭載。“Advanced Hybrid Auto Focus (AF) System”により高速で正確なAFを実現しています。シャッタースピードは最速1/6000秒、連写は最速8.6fpsで実行できます。また、“45mm 2D/3Dレンズ”を使用することで、静止画と動画を3Dで撮影することができます。このほか、30種類の撮影モード(Smart Mode)やシーンに適した撮影モードを自動的に選択する機能なども搭載。ISO値はAuto/100/200/400/800/1600/3200/6400/12800/25600の範囲で変更可能です。動画は最大1920×1080p@25fpsで撮影可能です。フロントカメラは非搭載。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)が搭載されています。UX環境は『Galaxy NX』向けに新規に開発された“Unique & Intutive UX”。『Galaxy NX』は『Google Play』対応製品なので、Googleアプリを利用することはもちろん、『Google Playストア』からAndroidアプリをダウンロードして機能を拡充することもできます。Samsung独自機能としては、『S翻訳』、『Sトラベル』(トリップアドバイザーのSamsungバージョン)、『Sボイス』、『Samsung Apps』、『Samsung Hub』、『Samsung ChatON』、『Samusng Link』、『Samsung Kies』、『Group Play』(Share Music、Share Picture、Share Document、Play Games)などを搭載しています。『Adobe Photoshop Lightroom』もプリインストールされています。『Galaxy NX』の対応周波数は、GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+ 42Mbps/5.7Mbps(850/900/1900/2100MHz)、LTE cat 3 100Mbps/50Mbps(800/850/900/1800/2100/2600MHz)。
Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
中国OPPO、「Find 5 mini」の存在は否定したものの、次期フラッグシップモデルを開発中であることは認める
Android Tips : Android 4.2以上を搭載したXperia端末でデフォルト非表示の「開発者向けオプション」を表示する方法
KDDI、auスマートフォンのデータをMicro SDカードにバックアップできる「auバックアップアプリ」を提供開始

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP