ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハマ・オカモトがUSフェンダー社と契約! 日本人ベーシスト初の快挙

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

「BASS MAGAZINE」2013年3月号 表紙画像

OKAMOTO’Sのベーシストであるハマ・オカモトが、数多くのエレクトリック・ギター/ベースやアンプの名器を生み出してきたUSのフェンダー社とエンドースメント契約を結んだことがあきらかとなった。 

デビュー以前からフェンダーのベースを愛用し続け、OKAMOTO’Sでの活動はもちろん、腕利きのベーシストとして国内のトップ・アーティストとのレコーディングやライヴ・セッションを繰り広げてきた彼。「BASS MAGAZINE」2013年3月号の表紙に同社のベースを抱えて登場したことも記憶に新しいところだ。

51年に世界初の量産型エレキ・ベース〈プレシジョンベース〉を、60年には〈ジャズベース〉を発表するなど、現在も世界中のプレイヤーから愛されるベースを開発してきたフェンダーにとって、日本人ベーシストとエンドースメント契約を交わすのは今回が初めてのこと。今後はハマのアーティスト活動を全面的にサポートしていくという。なお今回の契約締結を記念して、6月29日(土)に東京・ベルサール渋谷ガーデンで開催される〈TOKYO GUITAR SHOW 2013〉にて、ハマとくるりの佐藤征史によるベーシスト対談が実現する。こちらの詳細はイヴェントのオフィシャルサイトでご確認を。

★ハマ・オカモトによるbounce連載の特別編〈MURO×ハマ対談〉はこちら

 

ハマ・オカモト(OKAMOTO’S) コメント

僕の今までの人生が認められたようだ!なんて感じると同時に、これからミュージシャンとして生きていく人生の、大きな大きな糧になる事でしょう! 更なる〈BASS MAN〉を目指して。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。