体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「成功した人は必ずしもその仕事を望んでいたわけではない」

「成功した人は必ずしもその仕事を望んでいたわけではない」
 ビジネス業界に敏感な人間であれば「ライフネット生命保険」という企業名を聞いたことがない人は少ないだろう。日本国内としては実に74年ぶりに設立された“独立系生命保険会社”である。
 メインの設立者はハーバード・ビジネス・スクールの卒業生で元ボストン・コンサルティングの岩瀬大輔氏(代表取締役社長兼COO)、そして日本生命に勤務し、新たな保険の形が必要だという強い信念の元に起業した出口治明氏(代表取締役会長兼CEO)。若き気鋭の起業家・岩瀬氏と経験と知識が豊富な出口氏の異色ともいえるタッグは成功に向けて突き進んでいる。

 『すべてが見えてくる飛躍の法則』(アスペクト/刊)の著者である石原明さんの対談連載、第二回となる今回は、出口治明氏をお迎えして行われた。
 石原さんが本書で提唱している“人称”とは、「人称」とは発話の話し手、聞き手、第三者を区別するためのものだが、ここでは「人称」をビジネスに役立てるために新たに解釈。一人称は「自分目線」、二人称は「相手目線」、三人称は「まわり目線」、四人称は「マーケット目線」というように、ビジネスにおける「視野の広さ×時間軸」の尺度として捉えている。
 出口氏はどうして幅広い視点を持つことができるのか。石原さんが深く切り込んでいく対談の後編をお伝えしていく。(以下敬称略)

「成功した人は必ずしもその仕事を望んでいたわけではない」

<写真=対談を行った出口氏(右)と石原氏(左)>

■成功した人は必ずしもその仕事を望んでいたわけではない

石原「出口さんはたくさんの本を読むなかで、自分の個性や向いている仕事について、どう考えていたんですか?」

出口「実は、向いている仕事は今でも分からないです。僕は川の流れのように流れていく人生が一番素晴らしいと思っています。日本生命に入社したのも縁ですし、仕事が面白くて長くいたものですから、生命保険のこともよく理解していると人からは言われましたが、僕自身は本当にこれがやりたかった仕事かというと、はいと言える自信は今でもないです」

石原「人生は川の流れに身を委ねたほうが楽しい、と」

出口「楽しいというか、他に方法がないんですよ。起こることのほとんどは偶然です。いろいろな偶然が重なって、今の仕事をしているんですよ」

石原「それは面白いですね! 僕もどちらかというと、出口さんと同じように目標を持たない方だと思います」

出口「記録が残されてきたこの何千年の中で、人はそういう風にしか生きられないと書いてあります。それを読んでいたら、人生というのは流れに身を委ねるしかないのかなと思いますね」

石原「ただですよ、どこかでターニングポイントは来ると思うんです。そのとき、やるかやらないかの選択をしなければいけないときもありますよね!?」

出口「そのときはほとんど直感です。あと、未知のものは面白いかどうかも分からないので、まずはやってみることです。駄目だったら途中でやめてしまえばいい。僕の中の大前提として、人間は賢くないというのがあります。だから、試行錯誤をしながら自分の中で正しい道を選ぶしかないんじゃないでしょうかね」

石原「よく若い方に向けて、目標を持って頑張ることを勧めている人もいますよね。それについて、どう思われますか?」

出口「あれは、少しおかしな話だと思います。まずは3年間、今の会社で働き、その間に英語を勉強したりして、MBAを取るためにアメリカに留学し、帰ってきてよりランクアップを目指す。こういう考えを持っている方は、その通りに進めていけばいいと思います。一番良くないのは、どうしようと悩んでいる人に、これが正しいキャリアアップだと価値観を押し付ける人です。正しい生き方なんて分からないし、10年後もMBAが高く評価されているかどうかも分からないですよね」

石原「すごく分かりやすい話だと思うのですが、一般の方にとってはあまりピンと来ないかも知れませんね。僕が好きな本の中に『偶キャリ。』があるのですが、これは『キャリアは偶然つくられる』という言葉の略で、いろいろな分野で成功した人をリサーチしていくと、必ずしもその職業になりたくてなっているわけではないんだそうです。実は誰もその職業に就くのを望んでいなかったんですよ」

出口「それは歴史上の人物の伝記を読んでいてもそうですね」

石原「ところが、今の主流は自分で計画した人生を歩みなさいというものじゃないですか。でも、僕自身はコンサルタントになりたくてなったわけではなくて、たまたまこの仕事が向いていたから気づいたらなっていたんです」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。