体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフト・オン・デマンド女子社員の好きな本を聞いてみた!

ソフト・オン・デマンド女子社員の好きな本を聞いてみた!
 世の中にはさまざまな人がいる。普通の道を歩いている人もいれば、脇道にそれた人もいる。そして、好きな本や影響を受けた本もそれぞれ違うだろう。

 じゃあ、“あの人の好きな本”って一体どんな本!?
 というわけで、世の中のちょっと変わった人や突き抜けている人、気になる人に好きな本についてインタビューしてみようという、新刊JPニュースの新連載「あのヒトの好きな本を聞こう!」がスタート!
 第1回目となる今回は、今年、創業18周年を迎えた老舗アダルトビデオメーカー、ソフト・オン・デマンド(以下SOD)の女子社員である田口桃子さんにお話をうかがうことができた。田口さんは入社7年目で、WEB事業本部所属。そんな彼女の好きな本とは…!?

 ◇   ◇   ◇

―ではさっそく質問していきましょう! 普段はどんな本を読んでいるんですか?

「実は私、ほとんどエロ系の本しか読まないんですよ」

―そうなんですか! さすがSODに勤めているだけありますね〜。エロ系といってもいろいろありますけれど、ジャンルは分かれますよね。官能小説とか、写真系とか、体験記とか。

「なるべく字の書いてある本を読もうと思っています(笑)家の近所の書店に、性風俗やサブカルチャーの本が並んでいるコーナーがあって、そこがお気に入りです。そこで眺めて、気になったら買うって感じですね」

―具体的にはどんな本を買うんですか?

「お気に入りは、やっぱり『名前のない女たち』シリーズ(*1)ですね。あとは『売春未満』という本で、素人投稿に応募する女性に取材して、その半生を追うドキュメンタリーなんですけど」
(*1)宝島社から出版されている、「企画」系ビデオに出演するAV女優を追ったドキュメンタリー

―なんか仕事にも通じていますね、そのチョイス。

「あー、そうですね。いうなれば私たちはその人たちにご飯を食べさせてもらっているわけですよね。そんな業界を見ていると、出ては消えて、出ては消えてっていうサイクルがすごく速くて、円満にAV業界を卒業できる人は多くないんですよ。急にいなくなったり、連絡が取れなくなってしまう人もいて、彼女たちはどんな人生を歩んでいるんだろうって思うんですよ」

―普段見ることのできない彼女たちの人生が語られていますからね。では、影響を受けた本というくくりで言うとどんな本ですか!?

「これは、井浦秀夫さんのマンガで『AV烈伝』です。4巻目に高橋がなりが登場しますよ(笑)女優だけじゃなくて、監督やスカウトマンみたいな業界に携わる人たちの人生を漫画で描いています」

―さりげなくSODの元社長の名前を出してきましたね(笑)これは、ドキュメンタリーと漫画の違いはあれど、『名前のない女たち』シリーズにも通じるものがありますよね。

「そうなんですけど、基本的に『名前のない女たち』って暗い終わり方が多くて、未来があまりないんです。でも、『AV烈伝』に出てくる人たちは、最後にちゃんと希望を見せてくれて、かっこいいんですよね。この会社に就職するときもこれを読んで気持ちを高めたし、仕事で詰まったときも心を盛り上げるために読みますよ」

―じゃあ、好きな作家さんっていますか?

「最近は、サタミシュウ(*2)さんかな。官能小説も読むんですけど、官能っぽい作りをしながらかなり女性でも読みやすいですよね」
(*2)覆面作家としてSM青春小説を角川書店から出版。『私の奴隷になりなさい』(旧題『スモールワールド』)は大ヒットし、映画化もされた。

―女性から見た官能小説ってどういう印象なんですか?

「私個人の感想ですけど、やっぱり男性主観だと思うことが多いです。女性の感覚に言及している作品が少ない気がしていて、例えば、入ってくるシーンでも、『めりこんできて…』みたいな女性の感じ方がもっとあればいいなと思います。多分自分が書けば、そうなるでしょうね(笑)」

―それはそれで男性が読んでも興奮しそうですけど(笑)

「サタミさんの作品は男女の中間の目線で描かれるし、ストーリーもしっかりしているから、違和感がないんですよ」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。