ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロト7 8億円当選者はコンピューターを使って数字を選んだか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ここでロト7を買うためにわざわざ大阪から来たんだよ!」──東京・東村山市にある『東村山プラザチャンスセンター』には、こんな宝くじファンが、全国から大勢駆けつけている。

 5月17日に行われた『ロト7』第7回抽せん会で、法定最高額の“8億円”が3口飛び出した。その3口中2口は、香川県観音寺市の『観音寺チャンスセンター』から出たが、残りの1口がこの売り場から出ていたのだ。そして、この売り場周辺では、こんな噂が囁かれていた。

「今回、8億円当たった人は、コンピューターが自動的に数字を7つ選んでくれる、クイックピックを利用して購入したそうなんです」(地元住民)

 実際、売り場でロト7を購入していく人に話を聞くと、この噂を知ってか知らずか、クイックピックを利用している人が多かった。同売り場の販売員に話を聞くと、「そういう噂が出ていることは聞いています。ただこちらでは確認はできないため、真偽のほどは不明です」とのこと。もし本当だとすれば、8億円を生み出す必勝法として、クイックピック利用者が増えるのは当然のことだろう。宝くじ評論家の長利正弘さんはこう言う。

「当せんの確率が上がるということはないとは思うんですが、コンピューターなので、人間が選びづらい数字も選択してくれます。だから高額当せんにつながる可能性が高いんです。そういう意味ではクイックピックの活用は有効です。自分で数字を選ぶのとの併用がいいかもしれません」

※女性セブン2013年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏休み 旅行者はご当地ラッキー宝くじ売り場で買ってみては
1等前後賞合わせ1億円の春きらきらくじ 当たりやすい番号は
福岡で鉄砲扱う店の一角の「当たる」と評判の宝くじ売り場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP