ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏に間に合わせる最新ダイエット法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

薄着になる夏に向け、腹まわりが気になる今日このごろ。でも、毎日忙しくて運動する時間も余裕もなかなかない…。手軽に始められるダイエット方法はないのだろうか?

【画像や図表を見る】

「最近は常に新しいダイエット法が出てきていますよ。エクササイズに限らず、ダイエットに効果があるレシピなども話題になっていますね」

そう語るのは、57万DLを突破した大人気ダイエットアプリ「みんなが痩せた! 1日5分 誰でも続くダイエット」の開発元である「あゆみ」の代表・菊池慎太郎氏。同アプリで紹介されているダイエット法は、同社のスタッフが実践して効果があったものばかりだとか。ちなみに、このアプリで紹介されているダイエット法で、最近話題のものは?

「ハリウッドセレブもハマっているという“アルカリ性ダイエット”。これは、摂取する食材の70%をアルカリ性にすることで、内臓の負担を減らして痩せやすい体質に改善していくというものです。代表的なアルカリ性の食品は、野菜類、豆類、きのこ類、アボカド、リンゴなど。肉類や魚、卵、乳製品、白米、パスタなどは酸性なので控えるとよいとされています」

ごはんや肉・魚など「酸性」食品を控えるのは我慢が必要だが、食事全体の30%は“酸性”食品を食べてもよい、ということなので少し安心。

「食事方法に関するものだと、“週に2日だけ炭水化物を抜く”ダイエットや、“食べる順番を野菜→肉・魚→炭水化物の順にする”というダイエットも話題ですね」

そのほかで最近流行しているのが、100%自然素材の野菜ジュースを食事代わりに飲むという“クレンズダイエット”。便秘の改善や老廃物の排出促進といった効果のほか、むくみの解消にもつながるという

「これは運動したくない人向けのダイエットで、たしかに体重は一気に落ちますが、決して脂肪が減っているわけではなく、リバウンドもしやすい。健康的に痩せるには、クレンズダイエットをしながら、きちんと食事も摂り、運動もする。たんぱく質を摂り、筋肉を減らさないことが大切です」

あくまでも短期集中で行うダイエット法なので、これだけに頼るのはあまり好ましくないようだ。ほかにも、ポールの上に寝転がって体を左右に転がす“コロコロダイエット”や“寝るだけ骨盤枕ダイエット”なども、寝ているだけでウエストが細くなると話題になっているという。

「代謝がアップして痩せやすい体質になります。ただ、どちらかというとストレッチによる効果なので大幅な減量を目指すのは難しいでしょう。これらを続けながら食事にも気を遣って運動すれば、一定の効果はあるはずです」

やはり、手軽で効果抜群! なんてダイエットはなかなかないみたい。とはいえ夏本番まであと少し。自分に合ったダイエット法を見つけ、“モテるカラダ”作りを始めてみよう。

(辻村 文/HEW)
(R25編集部)

夏に間に合わせる最新ダイエット法はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
女子がオトコに望む「理想の体型」とは?
CanCam流ぽっちゃりの定義
女子がオトコに望む「理想の体型」とは?
「小太りこそ最強」説が浮上
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP