ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、世界最薄を謳う厚さ6.18mmの薄型Androidスマートフォン「Ascend P6」を正式発表、6月に中国で発売し、7月には欧州でも発売(更新)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huaweiは6月18日、同社が英国・ロンドンで開催したプレスイベントにおいて、厚さ6.18mmの薄型Androidスマートフォン「Ascend P6」を正式に発表しました。「Ascend P6」は、厚さ6.18mm・質量120gという薄型軽量のボディに、4.7インチHDディスプレイと1.5FGHz駆動のクアッドコアプロセッサ(Cortex-A9ベースのK3V2)を搭載したハイエンドモデルで、スタイル重視の”Ascend P”シリーズの新たなフラッグシップモデルと位置付けられています。本体の厚さが6.18mmというのは新たな世界最薄スマートフォンになると言われています。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、同社独自UIの「Emotion UI」が搭載されています。ディスプレイは4.7インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶。タッチパネルはインセル型です。また、”Magic Touch”技術により、手袋をした状態でもタッチ操作が可能とされています。カメラは背面に1,300万画素(裏面照射型CMOS、F2.0レンズ、1080p@30fps動画撮影対応)、前面には500万画素と解像度の高いカメラが搭載されています。バッテリー容量は2,000mAhと4.7インチ端末にしては少し少なめ。しかし、Quick power control (QPC) とAutomated discontinuous receptions (ADRX)と呼ばれる通信制御機能により、同じ通信でも消費電力が約30%削減できるとされています(比較対象はこの機能を搭載しない機種)。「Ascend P6」のカラバリはブラック、ホワイト、ピンクの3色。製品には本体色に合わせたカラーリングの専用ケースが付属します。発売スケジュールについては、まずは中国で6月に発売され、7月には欧州のVodafone、Telefonica、Orange、H3G、O2、Carphone Warehouse、TalkTalk、Media Markt、Saturn、TIM、Amazon等でも発売される予定です。日本での発売予定は不明です。フルスペックは公開され次第築城します。更新1:RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカード対応(最大32GB)です。更新2:ハンズオン動画を追加しました。Source : HuaweiMobile Geeks



(juggly.cn)記事関連リンク
Snapdragon 800 MSM8974を搭載したスマートフォン・タブレットの最新ベンチマークスコア
NTTドコモ、ワイヤレス充電器の新型「ワイヤレスチャージャー03」を6月27日に発売
HTC、”HTC Butterfly”の後継となる新型Androidスマートフォン「HTC Butterfly s」を正式発表、5インチフルHDディスプレイ、Snapdragon 600 1.9GHz、3,200mAhバッテリーを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP