ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電通、マラソン大会の通過タイムをSNSに自動投稿する機能を利用した広告サービス「SOCIAL_MARATHON」を開発、今後は国内主要大会に導入予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電通は6月18日、マラソン大会の通過タイムをSNSに投稿する機能と広告を連動させた新プロモーションサービス「SOCIAL_MARATHON」を開発したと発表しました。「Social_Marathon」は、マラソン大会でタイム計測用に使用する小型のRCチップをシューズなどに取り付けて計測ポイントを通過すると、通過タイム(ネットタイム)と目標タイムとの差がFacebookやTwitterに自動的に投稿され、タイム情報を確認できるサイトにスポンサー企業などの広告を設置することで、商品やサービスなどの宣伝を行うマラソンとソーシャルメディアを連携させたプロモーションサービス。参加ランナーはRCチップを付けて走っているだけで、自身のタイムをFacebookやTwitterのフォロワーさんに知らせることができます。応援する方はランナーのSNSアカウントをフォローするだけでタイム情報を確認することができます。SNSの投稿に対して返信で応援メッセージをもらったり、現地で応援している方がランナーの写真を撮影して返信に添付したりすると、その情報をレースタイム付きのアルバムのようなものとして残せそうです。広告のことはさておき、けっこう良いサービスですね。同社の発表によると、今年3月に京都で開催された「京都マラソン2013」がこのサービスを導入して実施されたそうです。利用者からの反応が良かったとして、今後は、国内の主要大会に順次導入していくとしています。Source : PRWire(プレスリリース)



(juggly.cn)記事関連リンク
最新ファームウェアを搭載したXperia S、Xperia Z、Xperia SPをroot化できる「Easy Rooting Toolkit v11」がリリース
Snapdragon 800 MSM8974を搭載したスマートフォン・タブレットの最新ベンチマークスコア
NTTドコモ、ワイヤレス充電器の新型「ワイヤレスチャージャー03」を6月27日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP