ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「Honey Bee 201K」にソフトウェアアップデートを提供開始、ボタン操作の機能割り当てを変更、スリープから復帰しない事象にも対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは6月18日、京セラ製Androidスマートフォン「Honey Bee 201K」に対して、ソフトウェアアップデートの提供を開始しました。今回のアップデートでは、一部の機能変更とシステムの不具合解消を目的とした修正が行われています。機能変更については、「アプリケーションを選択」の呼び出し操作が、メニューボタンの長押しからホームボタンの長押しに変更されました。不具合の修正では、画面が消えている状態でボタンを押しても反応しない事象を修正したそうです。更新ファイルは201K単体でダウンロード可能です。「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」より手動で即時アップデートを実施できます。アップデート後のソフトウェアビルドは「118.0.1f00」です。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、ワイヤレス充電器の新型「ワイヤレスチャージャー03」を6月27日に発売
HTC、”HTC Butterfly”の後継となる新型Androidスマートフォン「HTC Butterfly s」を正式発表、5インチフルHDディスプレイ、Snapdragon 600 1.9GHz、3,200mAhバッテリーを搭載
米U.S. Cellular向け「Moto X」と思われる「XT1055」がFCCの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP