ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロック画面ウィジェットアプリ「DashClock Widget」がv1.5にアップデート、Android 4.2以上のスクリーンセーバー機能(Daydream)に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

様々なエクステンションで機能をカスタマイズできるロック画面ウィジェットアプリ「DashClock Widget」がv1.5にアップデートされました。今回のアップデートで、テストされていることを以前紹介したスクリーンセーバー(Daydream)への対応が実現しました。スクリーンセーバーは、Android端末をドックに接続した場合やスリープ中にディスプレイに指定したアプリの情報を表示する機能。今のところはAndroid 4.2以上を搭載した機種で利用できます。DashClock Widgetのスクリーンセーバーはロック画面ウィジェットと同じ内容をスリープ中に表示するものとなっています。スクリーンセーバーを有効にするには、Androidの設定メニューを表示後、「ディスプレイ」→「スクリーンセーバー」→「DashClock Widget」を選択します。その右側に表示されている設定アイコンからはDashClock Widgetの表示色やアニメーションを変更したり、ナイトモードの有効/無効を切り替えることができます。DashClock Widget」(Gogole Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
JR東海東海道本線の金山駅、中央本線の千種駅と大曽根駅で「docomo Wi-Fi」が利用可能に
Android Tips : FC2動画を視聴できる公式Androidアプリの入手方法
NTTドコモが「dショッピング」で半額セールを実施中、6月24日午前9時59分まで

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP