ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上坂すみれ、丸メガネ&ベレー帽姿に! 新シングルのヴィジュアル解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

声優の上坂すみれが7月10日にリリースするニュー・シングル“げんし、女子は、たいようだった。”のアーティスト写真とジャケット画像が解禁された。

 


上坂すみれ “げんし、女子は、たいようだった。”初回生産限定盤ジャケット画像

 

デビュー作“七つの海よりキミの海”に続く本シングルの表題曲は、7月より放送されるTVアニメ「げんしけん二代目」のオープニング・テーマに決定しているもの。彼女の憧れの存在である桃井はるこが作詞/作曲を手掛けていることでも話題となっている。そんな本作のアートワークは、漫画などのオタク趣味を持つ大学のサークルを舞台にしたアニメの世界観とリンク。アーティスト写真は、上坂が丸めがねとベレー帽を身に着けた、往年の漫画家を彷彿させるスタイルが印象的なヴィジュアルに。

 


上坂すみれ “げんし、女子は、たいようだった。”通常盤ジャケット画像

 

そして、シングル初回生産限定盤のジャケットは漫画家/イラストレーターの国道12号による〈げんし、女子は、たいようだった。(現代ver.)〉、通常盤は70~80年代コミックのようなイラストで知られる師岡とおるが描き下ろした〈げんし、女子は、たいようだった。(昔ver.)〉を使用。それぞれ漫画風のコマ割りで、吹き出し部分の台詞が楽曲の歌詞になっている。また、アニメ盤は「げんしけん二代目」の描き下ろしイラストを起用。いずれも彼女らしいこだわりのデザインと言えそうだ。

 


上坂すみれ “げんし、女子は、たいようだった。”アニメ盤ジャケット画像

 

なお、シングル3タイプの共通カップリングとなる“テトリアシトリ”は、桃井はるこが作詞/作曲、〈YMOの第4のメンバー〉と呼ばれ、現在はLOGIC SYSTEMなどのユニットで活動する松武秀樹が編曲を担当。さらに通常盤のみ、YMOのパロディー・バンドであるOMYでも活動していた佐野電磁こと佐野信義が作曲/編曲した“SUMIRE #propaganda”が追加される。トラックリストは以下の通り。

★上坂すみれも出演したタワーレコード主催のライヴ・イヴェント〈アニ☆ソン! NO ANIME, NO LIFE.〉のレポート記事はこちらから

 

〈上坂すみれ “げんし、女子は、たいようだった。”収録内容〉
【初回生産限定盤】
〈CD〉
1. げんし、女子は、たいようだった。
(作詞・作曲:桃井はるこ/編曲:Haraddy & 鈴木勝彦)
2. テトリアシトリ
(作詞・作曲:桃井はるこ/編曲:松武秀樹)
3. げんし、女子は、たいようだった。(off vocal ver.)

〈DVD〉
・“げんし、女子は、たいようだった。”Music Video

【アニメ盤】
〈CD〉
1. げんし、女子は、たいようだった。
2. テトリアシトリ
3. げんし、女子は、たいようだった。(off vocal ver.)
4. げんし、女子は、たいようだった。(TV size mix)
※2013年9月末までの期間生産限定となります。

【通常盤】
〈CD〉
1. げんし、女子は、たいようだった。
2. テトリアシトリ
3. SUMIRE #propaganda
(作詞:畑亜貴/作曲・編曲:佐野電磁)
4. げんし、女子は、たいようだった。(off vocal ver.)

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP