ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝、「REGZA Tablet」の2013年モデルを6月21日に発売、10.1インチWQXGA・Tegra 4・手書き対応の「REGZA Tablet AT703」とエントリーモデル「REGZA Tab;et AT503」をラインアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝は6月17日、Androidタブレット「REGZA Tablet」シリーズの2013年モデルとして、専用ペンによる手書き入力に対応した「REGZA Tablet AT703」とエントリーモデル「REGZA Tab;et AT503」を発表しました。2機種とも2013年6月21日に発売される予定です。価格はオープンプライスとなっていますが、AT703は89,800円程度、AT503は49,800円程度で販売される予定です。

「REGZA Tablet AT703」は、専用のスタイラスペンによる手書き入力機能を備えたGalaxy Noteタブレットのような製品で、ワコム製デジタイザを搭載しており、ペンの筆圧を1,024段階で感知することが可能。タブレットには専用ペンが同梱するほか、手書きペン入力機能を活用したノート作成アプリ「TruNote」や画像編集アプリ「TruCapture」がプリインストールされています。また、87キーJIS配列のBluetoothキーボードを備えたドックも同梱しており、タブレットと合体するとノートPCとして利用することも可能です。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)。ディスプレイは10.1インチ2,560×1,600ピクセル(WQXGA)の”PixelPure LED”液晶(Gorilla Glass 2搭載)、プロセッサはNIVIDAの最新SoC「Tegra 4」が採用されています。CPUクロックは1.8GHz(クアッドコア)。「REGZA Tablet AT703」にはHarman Kardonブランドのステレオスピーカーも内蔵されています。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は32GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に800万画素(F2.2レンズ)と前面に120万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0に対応。バッテリー容量は不明ですが、バッテリー駆動時間は9.5時間とされています。本体サイズ260.7mm×178.9mm×10.5mm、質量は約671g。ヘビー級の製品ですね。

「REGZA Tablet AT503」は10.1インチ1,280×800ピクセル(WXGA)の液晶とTegra 3 1.3GHzクアッドコアプロセッサを搭載したAndroid 4.2タブレット。「REGZA Tablet AT703」の手書きペン入力機能は搭載されていません。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は32GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に300万画素と前面に120万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0に対応。バッテリー容量は不明ですが、バッテリー駆動時間は11.5時間とされています。本体サイズ260.7mm×178.9mm×10.3mm、質量は約600g。軽量タブレットとは言えないレベルです。Source : 東芝(プレスリリース)(スペック表



(juggly.cn)記事関連リンク
そらのした、Android/iPhone向けに富士登山専用のナビ・ガイドアプリ「富士山登山お助けアプリ」を7月にリリース
HTC未発表のエントリーモデル「Desire 200」の実機デモ映像が流出
スマートウォッチ「Pebble」に走行スピードや距離を表示するAndoridアプリ「Pebble Bike」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP