ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

統一球 言い訳せず世間の反発を抑えたミズノの謝罪力は高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「統一球」問題で揺れるプロ野球。コミッショナーなNPBの無責任な姿勢に批判が集まる中、大人力コラムニスト、石原壮一郎氏はミズノの「大人の対応」に注目する。

 * * *
 日本のプロ野球が、交流戦の話題そっちのけで「統一球問題」で揺れています。今シーズンから公式戦で使うボールの反発係数をこっそり高めて、飛びやすい仕様にしていたことが、6月11日に発覚しました。「混乱を避けるために」という口実で変更を内緒にしていた日本野球機構(NPB)の隠ぺい体質や、組織のトップなのに「私は知らなかった」と言い放った加藤良三コミッショナーの無責任っぷりが非難を浴びています。

 NPBとしては、変更を発表したら「2年前に飛ばないボールに変えたのが間違いだったことになって、その責任を問われたら嫌だなあ……」というお役所臭い発想がベースにあったのは明らか。コミッショナーがそう思ったのか、周囲がコミッショナーに気をつかって余計な配慮をしたのか、そのへんはわかりません。ところが、結果的にはあっさりバレて、ご覧のように大混乱を引き起こしてしまいました。まったくトホホな話です。

 今回の騒動で注目したいのが、統一球を一手に製造し、NPBから「変更したことは内緒にしておくように」と指示されていたミズノ社の対応。ひとつ間違えれば「NPBと結託して選手やファンを騙した悪者」にされかねない立場なのに、今のところ「NPBに命令されて悪事の片棒を担がされた被害者」というイメージでとらえられています。

 世間からの“反発係数”を最小限に抑えることができたのは、問題が発覚したときに大人力を発揮した謝り方ができたから。記者会見では同社の取締役が「命懸けで戦う選手、ファンの皆さまを欺く形となり申し訳ない」と頭を下げ、変更の事実を公表しなかったことについても「申し訳ない対応をしてしまった」と潔く謝罪しました。

 もし、このときに「指示されて不本意ながら内緒にしていた」「自分たちの立場としては逆らえなかった」といったニュアンスを匂わせて、NPBに責任をなすりつけようとしている姿勢を少しでも見せていたら、風向きは大きく変わっていたでしょう。

 そういう本音をあえて口にしなかったことで、見ている側は「まあ、ミズノにしてみたら仕方ないよな」と寛大な気持ちになることができます。しかも、NPBに恩を売ったことにもなって、長い目で見ればきっといいこともあるでしょう。臆面もなく「私は知らなかった」と言って火に油を注いだ加藤コミッショナーとは、まさに対照的です。

 どういう仕事でも、今回のミズノのような立場に追い込まれることがないとは言えません。そんなときはミズノを見習って、言い訳をしたい誘惑を全力で振り切り、ちょっとサービスして余分に謝っておくのが、同情や理解や信頼を得る近道。キャバクラに行ったことが妻にバレた場合も、「○○に誘われたから」と言いたい気持ちを抑えて素直に謝りましょう。そんな姿を見て、妻も「まあ、仕方ないわね」と思ってくれる……はずです。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元巨人広澤克実氏「ドームランは都市伝説。原因はボール」
斎藤佑樹 イチローとおそろいのウインドブレーカーは8925円
北島康介失速の原因「水着で浮気したから」と水泳連盟関係者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。