ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

梅雨でも安心! すぐにでも取り入れたい「崩れにくい」メイクテクニック

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
130629motemake1.jpg

じめじめムシムシするこの季節は、メイクの崩れも気になりますよね。
今回の「モテメイク術」では、そんな梅雨の時期に知っておきたい、「崩れにくいメイクの方法」をご紹介します。

1.コットンパックで開いた毛穴を沈静化させる

130629motemake2.jpg

リンパの通っている耳下腺を集中的にパッティングすると、顔の温度が下がり、化粧崩れを防いでくれます。また、メイクが崩れやすい方は、乳液やクリームなどは使わず、美容液で保湿すると油分の分泌が抑えられます。

2.油分の少ないBBクリームを叩き込むように薄く伸ばす

130629motemake3.jpg

仕上げにパウダーファンデかフェイスパウダーをブラシに取り、小さく円を描くようにクルクルとなじませると、粉が毛穴やキメに入り込み、肌にしっかり定着します。

3.崩れても目立たないピンクベージュのシャドウをオン

130629motemake5.jpg

メイク崩れしやすいこの時期は、目の下に色がにじみやすいダークトーンのシャドウは避けたいところ。かわりに中間色のブラウンで目のキワを締め、パールピンクで涙袋を強調します。

4.ウォータープルーフのアイライナーでラインを引く

130629motemake6.jpg

ラインの上から同色のアイシャドウを重ねると、ラインの持ちも良くなり、ナチュラル感も出せます。
この方法なら、一日中サラサラフェイスが持続しますよ!

motemake_takagishi.jpg

モデル・小川艶花 文・イトウウミ



(グリッティ)記事関連リンク
テイラースウィフト風「赤リップ」メイクのコツ
大人のオレンジづかい! 五月病を吹き飛ばすハツラツメイク
ショッキングピンクをつかった「春らんまんチークメイク」術

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。