ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

技で“魅せる”iPhoneケース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オシャレ系、オモシロ系、機能重視系などスマホケースにはいろいろありますが、なかには“ヌンチャク系”を謳う、ちょっと謎なケースの存在も…。その商品は『iPhone Trick Cover』。特殊な2重構造から、ペン回しや、ヌンチャクのような「練習、技術が必要だけど、型が決まったらカッコいい動き」つまりトリックができるようになっているのが特徴の商品です。

【画像や図表を見る】

iPhoneを側面でホールドする枠となっている内ケースと、内ケースをスライドして収納する外ケースという構造。収納時は板状の外ケースが画面を覆っているので、使うときの動作にちょっとコツが必要となります。それは外カバーを保持し勢いをつけて振り出すと内ケースが飛び出し、そこで手首のスナップを使うと内ケースごとiPhoneがくるっと回転して画面がこっちに向くというもの。この動きを利用することで、様々なトリックができるわけですが…説明しづらいので先に実用面での特徴を挙げましょう。

・収納時は外ケースが画面を覆って完全ガード
・外ケースが自立スタンドになる
・内ケースにカードを収納することができる

デリケートな画面部分を、樹脂製の硬い“板”でがっちり覆う安心感は大きいですし、また内ケースにSuicaなどを仕込めばおサイフケータイ機能のないiPhoneでも自動改札にかざして「ピッ」で通ることができます。もちろん、スマホをカチャっと回すトリックつきで…。

その使い方、トリックの動きはぜひ公式HPで確認してみてください。欲しくなるかはさておき、社長自らがドヤ顔で披露するトリックは一見の価値アリですよ。
(のび@びた)
(R25編集部)

技で“魅せる”iPhoneケースはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
iPhone用の“遊べる”ケース
プロジェクタ付iPhoneカバー
iPhoneでデジカメを操るグッズ
PCのキーボードからスマホを操作
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。