ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐々木心音、過激主演映画の中身

DATE:
  • ガジェット通信を≫

石井隆といえば、『ヌードな夜』『花と蛇』など、エロスとタナトスを織り交ぜた作風で知られる映画監督(&劇画家)。鬼才の名をほしいままにする同氏の新作映画が、佐々木心音ちゃんが主演する『フィギュアなあなた』だ。

【画像や図表を見る】

「最初はすごくナメてて。なにせ動かないわけだし、『楽じゃん』って。でも現場に入ったら監督が『目は閉じないで、呼吸しているのがわからないように』といわれて…」

この言葉からお察しいただけるように、心音ちゃんが演じるのは、なんと等身大の“フィギュア”の役。ただ本作はファンタジー。フィギュア好きのさえないサラリーマンである内山健太郎(柄本 佑)が酔ってトラブルに巻き込まれたとき、逃げ込んだ廃墟のようなビルで待っていたのが、心音ちゃん演じるフィギュアなのだが、なぜか突然動きだし、彼のピンチを救うのだ。ちなみに作中で内山に名付けられた名前は、“ココネ”だったりする。

「一番大変だったのが、廊下を歩くシーン。人間ではないし“ロボット”でもないし、フィギュアらしい無機質な歩き方というものを突き詰めて、何度もリテイクして。監督に『それだ!』っていわれたときは、うれしかったですね」

ただ、単にフィギュアが命を得て動くというだけではなく、愛と死が交錯するエロティックな作品。なにせ、全裸であんなことやこんなことまでするのだから。

「石井監督の世界観のなかで脱げるということに、幸せを感じるくらいだったので抵抗はありませんでしたね。それにフィギュア役なので、何をされても文句はいえませんから。むしろ廃墟のなかでの撮影はサウナ状態だったので、“役得”すら感じていたくらいで(笑)」

これまでグラビアなどキャリアを重ねてきた心音ちゃんだが、映画初主演にして初脱ぎ。にもかかわらずここまで肝が据わっているのは、まったく恐れ入る。

「とにかく楽しかったことがよかったんだと思います。スタッフの皆さんの意気込みもすごく感じられる現場で。単に知っておいていただきたいのは、ただエロティックなだけじゃなくて、この作品は“人と人”じゃないものだからこそ生まれる“究極の愛情”を表現したラブストーリーだってことなんです」

作品への思い入れはひとしお。加えて、お芝居の楽しさを心底実感できたらしい。

「もともと舞台をやっていたので、やっぱりお芝居が好きなんだなって思いを新たにしましたね。自分自身に集中するのが好きなんです。だから母と音楽ユニットをやっていたり、グラビアもその一環なんですけど。いろんな活動から、いろんな“表現”ができたらなって思います」
(吉州正行)
(R25編集部)

佐々木心音、過激主演映画の中身はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
バックナンバーはコチラ!
自分の声が嫌い?菜々緒の声優挑戦
憧れの選抜入り!藤江れいなの思い
三吉彩花、初主演映画を語る!
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP