ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アンチャーテッド』を開発する会社の最新作『The Last of Us』のレアグッズが届いた! (生着替え写真あり)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『アンチャーテッド』シリーズを開発したノーティドッグの最新作『The Last of Us』が6月20日に発売となる。こちらPlayStation 3専用タイトルとなっている。謎の寄生菌により人類滅亡の危機に陥ってしまった都市。菌に感染したものをインフェクテッド(感染者)と言い、初期状態はランナー、感染が進行するとクリッカーと呼ばれる。そんなインフェクテッドから主人公のジュエルとエリーが生き残る過酷なサバイバルゲームとなる。

※全ての写真(16点)をご覧になれない方はこちらからご覧ください。

サバイバルと言っても限られた物資で困難を乗り切らなければいけない。『The Last of Us』のファーストエイドグッズがガジェット通信に送られて来た。箱には『The Last of Us』とロゴだけが書かれており、中に何が入っているのかは記載なし。

中を開けてみると中には布と銀色の入れ物と四角い箱。中の物を取り出して1個ずつ見ていくことにする。まず1個は一番大きな黒い布である。この布を広げると、これはTシャツだった。「The Last of Us」とロゴが描かれたプレミアグッズである。実用性アリなのでもらっておくことにする。

そして次は缶の中である。中を開けるといろんな物が入っている。入っている物を取り出すと次のような物が入っていた。
・綿棒

・絆創膏

・ホイッスル

・ライト

これがファーストエイドなのだろう。本当のファーストエイドは応急処置としてもっと役に立つ物が入っているのだろうが、これはあくまでゲームのグッズなので入っている物も気軽に使える物にしたっぽい。

そして四角い箱に入っているのはマグカップ。こちらスチール製でサバイバルに使えそうである。

こちら『The Last of Us』のレアグッズはそこそこな貴重品となっているらしい。そんなグッズをガジェット通信は惜しみなく使ってみることにした。毎日高円寺をサバイバルしているガジェット通信スタッフの座高が、グッズを装備したらどのようになるのかを見てみたぞ。シャツを着て、綿棒を耳に入れてホイッスルを咥えて、ライトをつけて、絆創膏を貼って、マグカップを持って……。

完全に『The Last of Us』の世界に入りきったスタッフ。こちらグッズは公式サイトで抽選で100名に当たるらしいので、欲しい方は応募してみてはどうだろうか。
応募ページ

『The Last of Us』は6月20日発売で既に予約を締め切っている店舗も多い。大きなゲームショップや量販店、アマゾンだとまだ間に合うので発売日にゲットしたいなら今の内に予約しておこう。筆者も既に予約済みである。発売後には恒例のゲー評を書く予定なのでお楽しみに。

<おまけの生着替え写真コーナー>














※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP