ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DaiGo提唱メンタリズムダイエット「大皿料理を取り分けろ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人の心を“操る”達人、メンタリスト・DaiGoによると“メンタリズム”に則った行動をとることで、お金をかけずにダイエットすることが可能だという。そんな「メンタリズムダイエット」、いったい何をどうすればいいのか?

 まず、ダイエットの基本中の基本は食べすぎないこと。そのために有効なのが、箸置きだ。

「食べる時に箸を持ったままだと、すぐに次の食べ物を口に入れてしまいがちです。その場合、噛む回数が少なくなり、満腹中枢が刺激されにくく、食べすぎる傾向があるといわれています」(DaiGo)

 食べ物を口に入れるたびに箸を置く癖をつければ、一回一回ゆっくり食べるので、噛む回数が増える。すると、食べる量も自然に減るというわけ。

 食べる量は減らしたいが、残すのはもったいない。特に外食の場合、自分だけ料理を食べずに家族や友達との楽しい雰囲気を壊したくはないもの。そこで大人数で食事する時は“大皿料理”の店に行こう。

「自分が食べるものを、少なめに取り分けることができます。片手でスプーンやフォークをサーバーとして使うのを練習するなどして、“取り分けキャラ”になりましょう。大皿料理は使う皿も少ないので後片付けも簡単ですから、家でもおすすめです」(DaiGo)

※女性セブン2013年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
食べる順番 ダイエットの基本は野菜類→肉や魚→ご飯で
山田花子が6.6kgやせた「ホットヨーグルトダイエット」
R40女性 リバウンド率73%、最多理由は「食欲抑えられず」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。