ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Eye-Fiカードの新製品「Eye-Fi Mobi」が本日発売、スマートフォン・タブレットだけでセットアップを完了させることができる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Eye-Fi Japanは6月14日、Wi-Fi内蔵SDメモリカード”Eye-Fi”の新製品「Eye-Fi Mobi」を発売しました。Eye-Fi Mobiは同社直営オンラインストアや楽天市場、全国の家電量販店を通じて発売されます。価格は、8GBモデルが4,980円、16GBモデルが7,980円。Eye-Fi Mobiは無線LANモジュール(IEEE802.11 b/g/n)を内蔵したClass 10対応のSDHCメモリカード。デジカメやビデオカメラのメモリカードとして利用することで、それらで撮影した写真や動画をパソコンやスマートフォン、タブレットに転送することができます。従来製品との違いは、初回利用時に必要なセットアップを簡略化し、パソコン不要でセットアップを完了させることができるところと、Eye-Fiアカウントを登録しなくてもセットアップを完了させることができるところ。セットアップはスマートフォンやタブレットにGoogle Playストアで配信中の「Eye-Fi」アプリをインストールし、Eye-Fi Mobiのパッケージに記載されているコードを入力するだけで完了します。ドコモより発売された「Eye-Fiカード01」のメーカーモデルといったものでしょうか。Eye-Fi Mobiでは、Wi-Fiアクセスポイント経由での転送に加え、ダイレクトモードにより、スマートフォンやタブレットに直接転送することもできます。また、Eye-Fiアカウントを登録することで、PicasaやFlickrなどのオンライン写真サービスにバックアップすることもできます。Eye-Fi Mobiのラインアップは8GBモデルと16GBモデルの2種類。なお、Eye-Fi Mobiの発売に伴い、従来の「Eye-Fi Connect X2 4GB」「Eye-Fi Mobile X2 8GB」「Eye-Fi Pro X2 8GB」の販売は打ち切られます。Source : Eye-Fi Japan



(juggly.cn)記事関連リンク
SoC/システム/バッテリー/センサーの情報を取得できる無料アプリ「CPUID CPU-Z for Android」がリリース
富士通、香港で7インチAndroidタブレット「Stylistic M363/P」を発表
日本通信、本日発売の「b-mobile4G WiFi3」の出荷を停止、NTTドコモのSIMロック付きだったことが判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP