ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「北斗の拳」ラオウ役の声優、内海賢二が75歳で死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

「北斗の拳」のラオウ役などで知られる声優の内海賢二が、本日6月13日に亡くなったことが、賢プロダクションのオフィシャルサイトにて発表された。享年75歳。スポーツ紙などの報道によると、死因はがん性腹膜炎だという。

60年代よりアニメ声優として活動していた内海は、「Dr.スランプ アラレちゃん」の則巻千兵衛や「魔法使いサリー」のパパ大王、「キャシャーン」シリーズのブライキング・ボスなど、数々の人気作品で主要キャラクターの声を担当。洋画の吹き替えではスティーヴ・マックイーンやジャック・ニコルソンの声を演じることが多く、さらにCMやTV番組のナレーターとしても幅広く活躍した。謹んで故人のご冥福をお祈りします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP