ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本発の資金調達サイト「ShootingStar」始動、1号案件には堀潤・元NHKアナのプロジェクトも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夢やアイデアを、多くの人の共感やサポートを得て実現したい―。個人や企業がサイト上で資金を集めるクラウドファンディングは世界的に浸透しつつあり、多くのヒット商品や斬新なサービスが誕生しているが、日本でも資金調達サイト「ShootingStar」が12日からサービスを開始した。第1号案件として、堀潤・元NHKアナウンサーの「一次情報発信者プラットフォーム構築」プロジェクトや、福島の「インドアスポーツテーマパーク建設」プロジェクトが早速、資金を募っている。

ShootingStarは、アイデアを持っている人がプロジェクトを提案し、それに賛同する人から資金を募る仕組みになっている。プロジェクトオーナーはあらかじめ目標金額と資金を募る期間を設定し、期間内に目標額に達した場合にのみ資金調達が成立する。サポートする人には、金額に応じてオーナーからの“ギフト”が用意されている。例えば、堀氏のプロジェクトの場合、3000円の資金提供だと「運営に参加できるサポーターズクラブ会員券」、1万円だと「サポーターズクラブ会員券+オリジナルステッカー+サイトでの名前掲載」となっている。資金調達が成立した場合は、クレジットカードの決済手数料などを含むシステム使用料(調達資金の20%)がプロジェクトオーナーに請求される。もし成立しなければサポーターには課金されず、オーナー側に手数料も発生しない。

資金調達サイトとしては海外においては「Kickstarter」が有名で、スマートウォッチ「Pebble」などのヒット商品が生まれた。クラウドファンディングでは商品だけでなく、サービスや芸術作品などあらゆるプロジェクトが対象となっているのが特徴で、ShootingStarから今後どんなアイデアが実現するか注目したい。

ShootingStar

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP