ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Runstatic」がバージョンアップ、音声フィードバックが日本語に対応、インターバルトレーニング機能やパワーソング機能が追加、地図が刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GPSフィットネスアプリ「Runstatic」のAndroid版がv3.7.1にアップデートされました。今回のアップデートでは、2つの新機能の追加や地図の刷新、音声フィードバックの日本語対応など、様々な箇所で変更が行われています。新機能1つ目は「パワーソング」機能。パワーソングは従来のソング機能とは別に特定の音楽を再生できる機能。パワーソング機能の用途は人それぞれ異なると思いますが、一般的には、ラストスパート時に気合を入れるためにお気に入りの1曲を再生することに使ったりします。パワーソングを再生中は音声フィードバックはは再生されません。新機能2つ目は「インターバルトレーニング」機能。インターバルトレーニングは高負荷と低負荷の運動を交互に繰り返すトレーニング方法の1種で、アプリにはワークアウトの1種として実装されています。インターバルトレーニング機能では、自身で「Low」「普通」「高い」中から運動強度を選択し、指定した時間繰り返すよう定義できます。運動強度の切替わりの際には音声フィードバックで得知らせてくれる仕組みです。アプリにはデフォルトで4種類のトレーニングメニューがプリセットされていますが、自身で作成することも可能です(右上の「+」アイコンをタップ)。マップの刷新。アプリで表示される地図が新しくなり、地図のズームや移動操作だけではなく、2本指でひねると回転したり、2本指を上下に動かすと傾くようになりました。操作方法はGoogleマップアプリと同じです。また、衛星地図に加えて、地形地図も表示できるようになりました。日本語の音声フィードバック対応について。アプリをアップデートして起動すると自動的に日本語ボイスのダウンロード画面が表示されるので、「OK」をタップしてダウンロードし、アプリを再起動するとアプリの音声フィードバックが全て日本語で発売されます。「Runstatic」「Runstatic PRO」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z(C6602とC6603)用のAndroid 4.2.2ベースの公式ファームウェアが流出、アプリ起動履歴の画面が刷新、ウィジェットのスモールアプリ化にも対応
Android版Google+がアップデート、デスクトップ・モバイル間での通知の同期に対応、アプリ起動時にはストリームが自動的に更新される
Xperiaのスモールアプリに対応したGmailクライアント「GMAILmall for JB SmallApp」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP