ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

制汗剤や冷却スプレーに…クールビズの陰で問題になっている「化学物質過敏症」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


今年は初めて環境省が「女性向けクールビズ」を呼びかけましたよね。
空気を通しやすい涼しげな服装の推奨はわかるとして、「涼しげに見えるメイク術」のおすすめもあったりと、「えっ、そこは自由にやらせてよ」と思う箇所もありました(笑)。
また、制汗剤や冷却スプレー、香り付きの柔軟剤の推奨など、服装以外のアイテムを上手に利用して「清涼感を得ましょう」という提案でした。
ところが、化学物質による健康被害問題に取り組む3つの市民団体が、「制汗剤などの使用が増えると職場や通勤電車内で、化学物質過敏症などにより体調を崩す人が増える恐れがある」と、推奨撤回を求めたのです。
それを受け、環境省は6月11日までに、香料が含まれる制汗剤や柔軟剤の使用呼びかけを中止しました。
 
■「化学物質過敏症」って一体どんな症状?
症状は人により異なりますが、「化学物質」と称されるものに対して過敏に反応し、のどや鼻の粘膜への刺激、息切れ(呼吸困難)など、呼吸器系への悪影響が多く見られるのが特徴とのこと。
呼吸器系以外にも吐き気、動悸、頭痛なども起こるのだとか。なんと、これらが一度に出る場合もあるんですって!
■「化学物質過敏症」の人が気をつけるべき場所
じつは私、この症状が…あるんですよ! 煙草の煙をはじめ、百貨店やドラッグストア、DIYショップなどに入るだけで、途端に発作のような咳がでるんですよね~。
私の場合は、その場を離れてしばらく経てば、咳は治まるのですが、結構深刻な症状を引き起こしてしまう人も多いので、いくらクールビズとはいえ、制汗剤や冷却スプレーの多用はやはり問題視されて当然かもしれません。
清涼感を求めるならば、オーガニック系・天然素材系のデオドラント剤もたくさんありますので、それらを上手に利用するのをおすすめします☆
私が愛用しているのは「erbaviva(エルバビーバ)」のジャスミン&グレープフルーツのアロマ『JASボディスプレー』。
さわやかに香って、すっきりした気分になれますよ♪
photo by Thinkstock/Getty Images
(ガールズウォッチャー/福島はるみ)



(グリッティ)記事関連リンク
恋に仕事に頑張る女子へ☆ 疲れたら実践したい「プリンセス時間」のススメ
もしかしてできたかも…? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン
実は約半数が参加したくない!?「女子会」にはびこる暗黙のルール

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP