ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungが『Galaxy S 4 Zoom』を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Samsungは6月12日、カメラ機能に優れたAndroidスマートフォン『Galaxy S 4 Zoom』を正式に発表しました。『Galaxy S 4 Zoom』は3G版とLTE版の2種類がラインアップされ、2013年7月より順次発売されます。日本での発売予定は明らかにされていませんでした。

『Galaxy S 4 Zoom』は、Androidスマートフォンとコンパクトデジタルカメラを融合した製品。外観は、Samsungが2012年秋に発売したAndroidデジカメ『Galaxy Camera』に似ていますが、『Galaxy S 4 Zoom』では、ディスプレー側を『Galaxy』スマートフォンのように物理ボタンを搭載したデザインにし、音声通話・SMS機能を追加するなど、スマートフォン・携帯電話としての使い勝手を高める変更が施されています。本体の大きさも『Galaxy Camera』よりコンパクトな模様です。

カメラ仕様について。リアカメラは1600万画素の裏面照射型CMOSで、内蔵型のF3.1~F6.3・24~240mmの光学10倍ズームレンズ、キセノンフラッシュ、光学手ブレ補正機能を搭載しています。また、4fps(AF適用)の連写機能や25種類の撮影モード(Smart Mode)、シーンに適した撮影モードを自動的に選択する機能なども搭載。ISO値はAuto/100/200/400/800/1600/3200の範囲で変更可能です。動画は最大1920×1080@30fpsで撮影可能です。前面には190万画素のカメラを搭載しています。

『Galaxy S 4 Zoom』の特徴としては、背面のカメラ部分に回転する“Zoom Ring”が備えられており、写真や動画の撮影時に回すとズーム操作を、通話中に回すと通話を継続したまま撮影モードに切り替え、撮影した写真を通話相手にMMSで送信する新機能が動く仕組み。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、Samsung TouchWiz UXは『Galaxy S 4』と同じバージョンを搭載しています。ソフトウェア・機能面では、Googleアプリを搭載するほか、『S翻訳』、『Sトラベル』(トリップアドバイザーのSamsungバージョン)、『Sボイス』、『Samsung Apps』、『Samsung Hub』、『Samsung ChatON』に対応しています。また、本体には赤外線ポートが備えられており、『Samsung WatchOn』アプリを通じて家電をリモコン操作することもできます。

ディスプレーは4.3インチ960×540ピクセルのSuper AMOLED、プロセッサは1.5GHz駆動のデュアルコア、RAM容量は1.5GHB、内蔵ストレージの容量は8GB、microSDカード(最大64GB)も利用可能です。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、Wi-Fi Directに対応。バッテリー容量は2330mAh、本体サイズは125.5 x 63.5 x 15.4 mm, 208g 対応周波数は、3G版がGSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)とWCDMA/HSPA 14Mbps/5.7Mbps(900/2100MHz)、LTE版がGSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)とWCDMA/HSPA+ 42Mbps/5.7Mbps(850/900/2100MHz)とLTE cat 4 150Mbps/50Mbps(800/900/1800/2600MHz)に対応しています。
Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、音声通話機能を搭載した新型7インチAndroidタブレット「MediaPad 7 Vogue」を発表
光学10倍ズームレンズを搭載した「Galaxy S 4 Zoom」のレビュー記事が製品発表前に公開される
米Verizon向けG’zOneスマートフォン「CASIO Commando 4G LTE」のプレス画像が流出

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP