ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サッカー試合中に犬が乱入 首をつかんで外に投げるも失敗してフェンスに激突 ファンが激怒し大ブーイング後レッドカードで退場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


サッカーの試合や野球の試合と言えば日本の珍プレー好プレーでもよく見られるのが野犬の乱入シーン。審判が複数で取り押さえるシーンなど見られるほか、みんなして動物が去って行くのを待つなど珍プレーシーンとしては珍しくない光景である。

そんなサッカーの試合中、犬がグラウンドに乱入。犬は楽しそうに尻尾を振っているのだが、選手の一人が犬の首をつかみ外に放り投げたのだ。しかしフェンスの網に犬が激突してしまい、それを見ていたファンが激怒。ブーイングとなりグラウンドに物を投げ入れる人まで。

これを見た審判はこの行為を行った選手にレッドカードを下し退場となってしまった。

無抵抗な動物に対して行った今回の行動はファンをも怒らせレッドカードを食らってしまったようだ。犬もボールが転がっていて一緒に遊んで欲しかったのだろう。

お口直しとしてサッカーの試合中に犬がボールとじゃれる動画と紳士的な追い出し方の動画も下記に掲載しておいたのでそちらもご覧になってほしい。

サッカーの試合に乱入した犬を投げてレッドカードを食らう
サッカーの試合に乱入してきた犬の追い出し方が紳士的な件
サッカーの試合に乱入しちゃった警備の犬の見事なキープ力

※画像はYouTubeより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP