体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これぞ踊るロックの熱狂! Mop of Head×タワー共催リリパをレポート

 

Mop of Head 『Breaking Out Basis』リリース・パーティー 全出演アーティスト (photo by 後藤壮太郎)

 

タワーレコードとダンス・ロック・バンドのMop of Headが、5月16日に東京・新代田FEVERで共同開催したイヴェント〈Mop of Head presents One Night Special Party-Breaking Out Basis-!!! Supported by TOWER RECORDS〉。そのレポートをお届けします!

 

Mop of Head (photo by 後藤壮太郎)

 

Mop of Headのセカンド・アルバム『Breaking Out Basis』の発売記念パーティーとして実施したこの企画。クラブ・ミュージックを生演奏することにこだわったスタイルで人気を集める彼らのリリパだけあって、当日はDJブースやテーブルが配置された普段よりもクラブ仕様なFEVERのフロアに、クールでオシャレなオーディエンスが多数詰め掛けました。

 

Takeru John Otoguro (photo by 後藤壮太郎)

 

開場と共にアッパーな選曲でパーティーの口火を切ったのは、クラブ・ミュージック専門のインターネットラジオ、block.fmのプライムディレクター/ナビゲーターを務めるTakeru John Otoguro。リヴァイヴァル中のUKガラージや2ステップ、アシッドなフィルター・ハウスなどを行き交う、思わず体が反応してしまうマエストロのミックスは完璧の一言。終盤には、ナスティーなシンセが暴れまくるスパンク・ロック“Bump”のリミックスや、ファースト・アルバム『Settle』がUKのチャートで初登場1位を記録した注目の兄弟デュオ、ディスクロージャーのキラー・チューン“Latch feat. SAM SMITH(T.WILLIAMS Club Edit)”といったビッグ・ボムを投下し、これでもかと言うほどフロアをロックしてくれました!

 

Tam Tam (photo by 後藤壮太郎)

 

次に現れたのは、レゲエ/ダブを基軸に幅広い音楽性を有する5人組バンド、Tam Tam。沈み込むようなエコーがたっぷりと効いたインスト曲でライヴの幕を開けると、やがてヴォーカルの黒田さとみが登場し、UKダブを思わせる“Train”のディープな音像の上で伸びやかな歌声を響かせます。コズミックな電子音がまぶされた“Hero”、美しいマイナー・コードのブリストル風ダウンテンポ“Apple”と続く頃には、会場はすっかりTam Tamワールドに。ミキサー前に陣取った彼らが所属するレーベル=maoのオーナー、石本聡による過激なダブワイズも冴え渡ります。最新アルバム『Polarize』のリード・トラック“Polarize”を挟み、ラストは地の底から鳴るようなヘヴィーなベースと、エンディングに向けて深度を増していくリヴァーブ/ディレィがダーク・ビューティーな“Proof”を演奏。濃厚なサウンド・メイクと凛としたヴォーカル・パフォーマンスの対比が印象的なステージでした。

1 2 3次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。