体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

続・疑似科学叩きは成功しない

続・疑似科学叩きは成功しない

今回はメカAGさんのブログ『疑似科学ニュース』からご寄稿いただきました。

続・疑似科学叩きは成功しない

「インターネットからニセ科学を減らすたった一つの簡単な方法」 2013年06月07日 『アレ待チろまん』
http://fm7.hatenablog.com/entry/2013/06/07/140130

こんな記事がある。簡単ならとっくの昔に成功していると思うんだけどね。疑似科学批判をしている人がよく「疑似科学を見分けるのは簡単だ」という。簡単なのに長年それが不可能なら、やっぱその認識がどこか間違っていると疑うのが謙虚な姿勢だろう。疑似科学を見分けるのは簡単ではない。

また正しい科学情報の啓蒙が必要というのも、昔から言われていることだ。オウム事件(1995年)の頃も盛んに言われた。それ以前からオカルトブームに警鐘をならし、科学の啓蒙活動が重要という主張は少なくとも1980年代にすでにあった。

大槻義彦とかも1990年代は正しい科学を啓蒙するために盛んに本を書いてたんだよね。しかし疑似科学を叩こうとする気持ちが強すぎて、大槻義彦自身がしばしば無茶な論法を繰り出すので、しまいにはどっちもどっちという雰囲気になっていた。

   *   *   *

何処を見れば正しい知識が載っているかという事実をインターネットに書く人が増えることが大切なのではないかと私は考えます。

違うね。疑似科学やオカルトを信じる人は、人間関係を通じて信じるようになる人が多い。全員ではないにしろ常に一定数を占める。知り合いの誰かから紹介されたんだけど~と。

なにが正しい知識か?の判断が、本人の狭い人間関係の中で決まってしまう。権威があってもどこの誰が書いているかわからない本やサイトよりも、親しい人間のいうことの方を受け入れる。日常生活ならそれで大半のことはうまくいくからね。

いやもちろん啓蒙するのは反対しないが、効果があるとは思えない。だいたい陰謀論なんか、いくら権威ある公的機関が否定しても、なくならないよね。

ようするにあなたが疑似科学のサイトを読んでる時に、「ああ、信頼できないサイトだな~」と思って読むのと同じで、疑似科学やオカルトを信頼する人々は、まともなサイトを「ああ、信頼出来ないサイトだな~」と思いながら読むわけ。

   *   *   *

こうした情報がネットでは求められています。正しい科学情報にアクセスしやすくなればニセ科学も目につきにくくなるでしょう。

疑似科学やオカルトが好きな人というのは、基本的に「自分だけが知っている情報」が好きなわけで、目に付き難くすれば解決するとうのは、むしろ逆効果だとさえ思うけどね。

   *   *   *

怪しい科学ネタが沢山載っているメディアに載って元の論文が色眼鏡で見られたらたまったものではないでしょう。

まあそういう考えがむかしから根強くあるよね。ただ重要なのは権威あるメディアに自分の論文が載ることであって、権威のないメディアに載ることでそれが損なわれるというのは、いわば集団心理。みんながそう思ってるから結果的にそういう目で見られ、しばしば実際にそういう評価をされるとうだけで、理屈としては正当性がないよね。

プロ野球の選手が子どもと草野球をしたら、プロの経歴に傷が付くというよなナンセンス。しかし多くのプロ野球の選手がそう思えば、実際に草野球をした選手の評価は低くなる。困ったものだ。

むろん著者はメディアを選ぶ権利があるが、実際にはこの権利はあまり意味がない。一方メディアが著者を選ぶのは、メディアの特色を出すために必要。権威ある情報だけを載せるという方針のメディアなら、そういう著者だけを選別して載せるだろうしね。権威ある情報を載せるメディアは当然必要。「ああ、このメディアに載ってるのだから信頼出来るんだろうな」という判断基準になる。でも著者側がメディアを選ぶのは、別に止めないけどあまり意味ないと思うけどね。

自分はまともな科学記事を書いていると思っている人は載せるメディアは選んだほうがいいでしょう。

もちろん選ぶ権利はあるが、誰にもメリットがない気がする。著者にもメディアにも読者にも。なんとなく「俺のラーメンは芸術だから、本当に味のわかる選ばれた客にしか食わせねえ」というマンガのシーンを思い出してしまった。低俗なメディアの読者には読ませないって、そういうことだよね。まあ、別にそういう方針を否定はしないけど。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。