ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浮気の危険…「結婚が決まったあと」の男女の考え方の違い

DATE:
  • ガジェット通信を≫


結婚式が近づくと、なんとなくこれでいいのかな? とウエディングブルーになる女性は多いもの。
でも、幸せなはずなのに、なぜそんな憂鬱な気持ちになってしまうのでしょうか?
その答えは、結婚が決まった後の「男女の考え方の違い」から生じていることもあるのです。
■女性は「現実」、男性は「夢」を見る

女性「彼は白馬の王子様ではなかったけれど、私の旦那様だもの。これからの生活を一緒に考えなきゃ」
男性「目が覚めたら、天使のような笑顔の彼女が起こしてくれるのか…。これからの生活はバラ色だ!」

女性にしてみれば、彼(=旦那様)とはその時点で運命共同体。女性は結婚が決まると一気に「現実的」になります。結婚式や新居、これからの仕事のことも一緒に考えて欲しいのです。
一方、結婚が決まった男性は、彼女との新婚生活をめくるめく「妄想」しはじめるのです。結婚や新居など、目の前の現実にはまったく興味がありません。
■結婚を目前にした男性が「浮気」に走るとき
そんな男性に、女性は「もっと真剣に考えてよ!」とイラ立ちや不安を感じ、マリッジブルーに陥るのです。
このとき、どんなに不安を感じようと、女性は彼に詰めよってはいけません
なぜなら、男性は怒られて現実に目を向けるかと思いきや、「なんだか面倒くさいな~」と結婚そのものに幻滅しだし、「今のうちに遊んでおくか」と、あらぬ方向に向かってしまうことがあるからです…!
――男性はロマンチストで夢見る動物。
この男女の考え方の違いを知っておけば、マリッジブルーも上手に避けられますよ。
photo by Thinkstock/Getty Images
(婚活プロデューサー/北野貴子)



(グリッティ)記事関連リンク
出会いの直感「ビビビッ!」は嘘? 本当の「運命の相手」を選ぶための3か条
【女子のお悩みに答える恋愛相談室】「私のこと好きなのかも?」と感じる人への対応
アラサー注意報? 急にモテなくなる女性にありがちな特徴3つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP