ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビグ・ザムとうふ、次はジオング?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月7日、「ビグ・ザムとうふ」が、相模屋食料の「ザクとうふ」、「鍋用!ズゴックとうふ」に続く「Gどうふ」シリーズ第3弾として発売された。10日からはネットショップでも発売開始しており、話題を呼んでいる。

【画像や図表を見る】

「ビグ・ザムとうふ」は『機動戦士ガンダム』の登場キャラクターであるドズル・ザビの「ビグ・ザムが量産の暁には、連邦なぞあっという間に叩いてみせるわ!」という名ゼリフについて、本当に量産したら…? という、相模屋食料の熱い思いをカタチにしたとのこと。

「ビグ・ザムとうふ」の公式サイトによると、「史上初の“組み立てるおとうふ”」になっていて、ボディ部(アボガド風味のとうふ)と脚部(プレーンのとうふ)のセットで販売されている。さらにご飯を盛り付けるための型抜き用カップ、そして3つのパーツの組み立て方を示した「作戦指令書」が付属されている。ボディ部は、直径約5.8cm、420gとかなりのボリュームだ。ツイッター上には、早速購入した人から、

「作戦司令書付きなのだが…見た所かなり圧倒的www」
「朝から、ビグザムとうふ。丼で。圧倒的な物量でした。美味しかった」

と、その大きさに驚きながらも満足したというレポートが上がっている。

相模屋食料では、「Gどうふ」シリーズとして、昨年からガンダムのキャラクターをモチーフにしたとうふを発売してきているが、ネットではその当初からこの「ビグ・ザムとうふ」の発売を期待する声があがっていた。第1弾の「ザクどうふ」(2012年3月発売)の際、すでにツイッターでは、

「ザクとうふいけるならビグザムとうふもいけると思うんだよな」
「ビグザムとうふ描いてみた」
「ビグザムとうふ量産の暁には連邦軍などあっという間だ!」

と予想する人がおり、第2弾の「ズゴックとうふ」(2012年10月発売)のときにも

「つぎはビグザムとうふかな」
「豆板醤を混ぜて辛口の“シャア専用”タイプとか、黒ごま胡麻風味の『ドムとうふ』とか、ジャンボサイズの『ビグザムとうふ』とかも出して欲しいな(笑)
そんな俺はビグザムとうふを待っている」
「PGビグザムとうふとかMGパーフェクトジオングとうふまだかよ」(編集部注:PG、MGはガンプラのシリーズの名前。それぞれ縮尺がPGは1/60、MGは1/100)

とツイートされていたのだ。さらに、今後の「Gどうふ」シリーズ発売について、早くも、

「最後はやっぱりジオングか?」
「次はジオング辺りが来るんじゃなかろうか……」
「ビグ・ザムとうふには、なぜか片足が付いてくる。これは『足なんて飾りです』という『ジオングとうふ』の布石なのかもしれない」

という予想がツイートされており、早くも盛り上がっている。次なるシリーズ商品の発売があるかわからないが、「Gどうふ」シリーズがガンダムファンの心を掴んでいることは間違いないようだ。
(R25編集部)

ビグ・ザムとうふ、次はジオング?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
ザクとうふ狂騒曲 独自レシピ続々
ビンボー学生たちのリアルな実態
「コンセプトルーム」に予約殺到!
埼玉とジオン公国が姉妹都市提携?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP