ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年4月の国内スマートフォン出荷台数は約33万台と大幅減(JEITA調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電子情報技術産業協会(JEITA)と情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)が6月11日に発表した、2013年4月の国内における移動電話の出荷台数に関する調査結果によると、携帯電話・スマートフォンの出荷台数はこれまでの中でも特に低いものでした。調査結果によると、2013年4月の移動電話の総出荷台数は前年同月比57.7%となる約100万台で、12カ月連続のマイナス成長でした。このうち、スマートフォンの出荷台数は前年同月比46.4%となる約33万4000台で、ここ1年間の出荷台数の中では特に低い水準となっています。スマートフォン率は33.4%と、半数を大きく下回っています。調査に参加した端末メーカーが主に国内に本社を置く企業のみということで、海外メーカーとの競争の激化や、夏モデルの発売を見据えた買い控えの影響が出荷台数減の大きな要因となったと指摘されています。PHSについては、前年同月比157%となる約14万2000台と、台数自体は少ないものの、プラス成長をキープしています。Source : JEITA



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンクのシャープ・京セラ製スマートフォンの一部でメールに関する不具合が発生
Huawei、音声通話機能を搭載した新型7インチAndroidタブレット「MediaPad 7 Vogue」を発表
Samsungが「Galaxy S 4 Zoom」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP