ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自殺者のうち1/3がアルコール依存気味働き盛り男性と医師指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アルコール依存症患者はその予備軍(プレ・アルコホリック)を含めると約400万人と推計されているが、専門機関で治療を受けている人は4万人と少ない。

 厚生労働省の調査では、お酒の飲みすぎによる事故やがん・脳卒中など病気の治療費、仕事の効率の低下や人間関係の破綻などを含めた損失は約4兆円と推計されている。この状況を打開するため、アルコール健康障害対策基本法成立に向けた機運が高まっている。さらに様々な研究も始まっている。

 成増厚生病院・東京アルコール医療総合センターの垣渕洋一センター長に話を聞いた。

「アルコール依存症による問題の1つが自殺との関係です。アルコールの大量摂取によって、うつ病を発症させることがわかっており、実際、依存症患者の約40%はうつ状態です。年間3万人といわれる自殺者のうち、以前は依存症が約5%といわれていましたが、大規模調査により3分の1がアルコール依存気味の働き盛りの男性であることがわかってきました」

 アルコール依存症は、ICD10国際疾病分類に基づいて診断する。

■ICD10による診断基準(アルコール・薬物関連障害の診断・治療ガイドラインを一部改変)
【A】飲酒したいという強烈な欲求(病的飲酒欲求)
【B】摂取量のコントロール障害(抑制喪失)
【C】禁断症状(いらいら・不眠・手の震えなど)
【D】摂取量が増える。耐性の増大
【E】飲酒以外の楽しみがなくなる。飲酒に一日の大部分の時間を消費する
【F】精神的・身体的問題がある有害な状況なのに断酒しない

※上記のA~Fの6項目のうち同時期に3つ以上あてはまると依存症と診断される

 過去1年間のある期間、6項目のうち3つ以上当てはまると依存症と診断される。依存症になると、手の震えやイライラなどの禁断症状や肝臓障害など身体的障害、仕事や家庭の不和や喪失、経済的困窮や飲酒運転などの法律問題、最後は生きる目的を失うダメージに襲われる。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2013年6月21日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アルコール依存症防止 一人家飲みならビール500缶1本目安に
“飲まない日が一日もない”は潜在的アルコール依存症と医師
高リスクで肝癌に進展する「非アルコール性脂肪肝炎」とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP