ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タワー×クリマン企画公演で日本初ライヴ! イマジン・ドラゴンズ推薦コメント到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

6月23日(日)にタワー渋谷店B1Fの〈CUTUP STUDIO〉にて実施する、タワーレコードとクリエイティブマンの共催による新たなライヴ・イヴェント企画〈UPPERCUT〉。その洋楽アクトとして登場するUSの注目バンド、イマジン・ドラゴンズの推薦コメントが到着しました!

 


イマジン・ドラゴンズ

 

イマジン・ドラゴンズは、ダン・レイノルズ(ヴォーカル)、ウェイン・サーモン(ギター)、ベン・マッキー(ベース)、ダニエル・プラッツマン(ドラムス)の4人組。ダンを除く3人のメンバーは名門バークリー音楽院の出身で、高い演奏力に裏打ちされた多様なサウンドと楽曲の素晴らしさ、大ヒット曲“It’s Time”などに代表される時代を反映したメッセージ性などが支持を集め、デビュー・アルバム『Night Visions』は本国USやイギリスでビッグ・セールスを記録しています。

そんな噂のバンドが今夏の〈SUMMER SONIC 2013〉出演に先駆け、〈UPPERCUT〉にて待望の日本初ライヴを披露! さらに、日本から赤い公園、LEO IMAI、Mop of Headの3組が登場し、サマソニへの出演権をかけて熱いパフォーマンスを繰り広げる予定です。本イヴェントをサポートするPaul Smith Jeansより来場者プレゼントも予定していますので、興味のある方はぜひご参加ください!

★〈TOWER RECORDS × creativeman presents UPPERCUT〉の詳細ページはこちらから

 

〈TOWER RECORDS × CREATIVEMAN presents UPPERCUT supported by Paul Smith Jeans

日時/会場:6月23日(日) タワーレコード渋谷店B1F〈CUTUP STUDIO〉
開場/開演:15:00/15:30
出演:IMAGINE DRAGONS、赤い公園、LEO IMAI、Mop of Head

チケット代:前売 3,800円(税込/ドリンク代別)
★本イヴェントをサポートするPaul Smith Jeansより来場者プレゼントを予定。
※未就学児(6歳未満)のご入場はお断りさせていただきます。

・チケットぴあ(Pコード:202-592) http://t.pia.jp/
・ローソンチケット(Lコード:72405) http://l-tike.com/
・イープラス http://eplus.jp

問い合わせ:クリエイティブマン(03-3499-6669)

 

タワーレコード スタッフ推薦コメント

ラスヴェガスから現れた大注目株! すでに全米ではデビュー・アルバム『Night Visions』が驚異的な売り上げを記録している4人組が、ついに日本にやって来る! 大ヒット・シングル“It’s Time”をはじめとしたメロディアスな楽曲に、ここ日本でも中毒者が急増中。ステージでは和太鼓を取り入れたパフォーマンスをすることでも話題の彼ら、果たして今回の来日ではどんなライヴを披露してくれるのか!? (販売促進統括部 粟野竜二)

タワーレコードとクリエイティブマンが手を組み、洋・邦問わずにいまビリビリきてるバンドを紹介する、ライヴ・イヴェント〈UPPERCUT〉。その第一弾に早くも伝説と化すであろうUSロック界の新星イマジン・ドラゴンズが参戦します!
昨年リリースされたデビュー作『Night Visions』は全米チャート2位を獲得し、U2、コールドプレイを彷彿とさせるスケール感と叙情的なメロディー でここ日本でも2013年ブレイク必至! サマーソニックより前に観れるこのチャンスをお見逃しなく! (渋谷店 白神篤史)

ネバダ州ラスヴェガスから突如として表れた4人組。ジャケットのような静寂の中で響き渡る鼓動に身をまかせていると急に心をわしづかみにされるメロディーに呆然となる。オーガニックな響きと近未来的なサウンドが他のどのバンドとも違う個性を放つ。サマーソニック2013に出演予定、日本で決して知名度が高くない彼らだがフェス終了後には2013年の最注目の新人としてブレイクするであろう。(新宿店 熊谷 祥)

いま、アメリカで最も注目されている新人ロック・バンド、イマジン・ドラゴンズが遂に来日! 「glee/グリー」で使用されロング・ヒットを記録した“It’s A Time”やシンガロング必至の“Radioactive”など少しメランコリックだけど力強い歌の数々がいま世界中を席巻しています。そんなスタジアム級にでっかいメロディーをこれほど間近で体感できるのは今回の公演がおそらく最初で最後! 一緒に歌えるように予習して臨みましょう。(商品本部 狩野卓永)

 

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP