ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「同い年」が人気!? イマドキ男女が結婚相手に求める3つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫
130611marriage.jpg

人口問題研究所発表の、独身男女における「希望の結婚像」では、男女ともに同い年の相手を望む傾向が高まっているそうです。
とくに男性で「同い年志向」が顕著とのこと。また、男女ともに専業主婦を望むという意見は減り、妻にも仕事と家庭を両立するライフコースを希望する人が増えています。
どうやら、共働き前提、同年代パートナーとの「助け合い婚」が今の時代に合っているよう。
そこで、この「助け合い婚」に向いているパートナーを見極める、3つのポイントをご紹介します。
1.お互いの家族のことをよくわかっている
助け合い婚では、それぞれの家族の協力や関係も重要となってきます。
また、男性の遺伝子は単純コピー。お父さんの女性関係でお母さんが苦労しているような家庭では、明日は我が身という可能性がありますので要チェック。
2.具体的に明るい未来が描ける
これから一緒に二人で暮らしていく生活に、無理のない様々なアイディアが具体的に浮かぶことも大切です。
部屋は別々にしようね、疲れている日はこのお店で食事にしよう、など、無理なく明るい日常が続くイメージが共有できれば、助け合い婚はうまくいきます。
3.ふたりともフットワークが軽い
ものぐさな人には、助け合い婚は向きません。
積極的にお互いの役に立とうとする姿勢があり、フットワークが軽ければ、家事の押し付け合いのような些細ないざこざも起きず、いつまでも仲良しでいることができます。
photo by Thinkstock/Getty Images
(作家・心理カウンセラー/晴香葉子)



(グリッティ)記事関連リンク
「元彼が忘れられない」発言! 女友だちの前でも言ってはいけない理由
女同士の嘘は最大のタブー! 女子グループの「暗黙のルール」とは?
意外に夢見がち? 男子の恋心が一気に冷める「女子のゲンメツ言動」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。