ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intelが“Obsidian”と呼ばれる独自のスマートフォン向けUIを開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Intelが“Obsidian”と呼ばれる独自のスマートフォン向けUIを開発していることが報じられています。『Arstechnica』では、Tizenを搭載したスマートフォンを使ったデモ動画2本と複数のスクリーンショットが公開されています。

内容を見ると、ObsidianはTizen向けのホームアプリのようですが、同サイトはたぶんAndroidでも動くでしょうと述べています。ホームアプリはホーム画面、コンタクトリスト、アプリパネルの3パネルで構成されており、それぞれスワイプ操作で移動可能。画面下には電話、People、SMSのソフトウェアボタンが常時表示されています。デザインはフラットな感じ。アプリや連絡先を開くとホーム画面の下側に内容が表示される点や、各アプリの通知がアイコン画像を45度傾けて知らせる点が特徴のようです。
Source : Arstechnica



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、12.2インチ2,560×1,600ピクセルのGalaxy Noteタブレットを来年上半期中に発売する計画、シャープのIGZOが採用される見込み
Galaxy S 4 GT-I9505とXperia Tablet Z Wi-Fi版向けにCyanogenMod 10.1 Nightlyビルドの公式提供が開始
「HTC Desire 200」がGCFの認証を取得

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP