ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAIO夏モデル発表 美しく彩られた『red edition』の全貌も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

10日、銀座ソニービルにてプレス向けの発表会が行われ、2013年のVAIO夏モデルが発表された。新機種のプレゼンテーションは勿論、タッチ&トライコーナーなどが用意された本イベントでは、タブレットとPCのいいとこ取りである「2-in-1」が強調され、また「VAIO red edition」が発表された。

進化したVAIO

今回の発表で注目すべきは第4世代インテルCoreプロセッサーの搭載だろう。消費電力を抑えることでバッテリーの保ちを確保しつつ、パフォーマンスにも妥協しない設計はモバイル用途では非常に心強い。この結果、今回紹介された『VAIO Duo 13』と『VAIO Pro』の特徴が非常に明確になった。『VAIO Duo 13』は既に発売済みである『VAIO Duo 11』の正統進化版だが、製品サイズはほぼ据え置きのまま画面を広く、また稼働時間は驚異の18時間となっている。もう1つの『VAIO Pro』では薄さと軽さに驚かされる。11インチのタッチ非搭載モデルの重量に至っては約770gだ。実際に手に取った際、その数字の凄さを実感することだろう。繰り返しになるが、バッテリーの長寿命化・軽量化もしつつ、更にパフォーマンスは向上している点、この”いいとこどり”が先にも挙げた「2-in-1」の意味するところでもあるだろう。また『VAIO Duo 13』に関してはスケルトンモデルも展示されており、内部構造を知ることも出来た。

「VAIO red edition」とは?

続いて紹介されたのが目も覚める”赤”で染められたVAIOだ。丁寧な塗装とUVコーティングによる耐久性であるが、非常に美しい色味となっている。これらの製品は「VAIO red edition」と銘打たれたシリーズで『VAIO Duo 13』・『VAIO Pro 13』・『VAIO Fit 15』のモデルが用意されている。製品と共に『PORTERオリジナル VAIO Duo 13専用プレミアムケース』も展示されていた。黒を基調に”PORTER”のロゴが赤く主張している。品質も良く気になるアイテムだ。



このモデルの『VAIO Duo 13』・『VAIO Pro 13』は既に「red edition」スペシャルサイトにてエントリー登録が開始されている。プレゼンテーション中に発せられた「物作りへの挑戦」という言葉通り、こだわりを持って発表されたこれら製品群。ガジェット通信でも実機が手に入り次第レビューを行っていきたいと思う。

VAIO red edition スペシャルサイト

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP